Home » 不眠症の症状別の睡眠薬の使い方 » 不安が強くて眠れない場合、睡眠薬を使って良いの?

不安が強くて眠れない場合、睡眠薬を使って良いの?

スポンサーリンク

何らかの悩みやプレッシャーがあり、不安な気持ちが強くて眠れなかったり、夜中に目を覚ましてしまうことがあります。また、理由はわからないけれど、なぜか不安が強くて不眠になってしまうケースもあります。

 

このように不眠の原因が「不安」であることが明確である場合、睡眠薬を服用して眠れるようになるのでしょうか。

 

 

 

睡眠薬の中には、不安を和らげる作用があるものもあります

不安 睡眠薬
睡眠薬の中でも、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には抗不安作用があり、不安な気持ちを和らげる作用があります。

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬には、トリアゾラム(商品名:ハルシオン)、ブロチゾラム(商品名:レンドルミン)、リルマザホン(商品名:リスミー)、ロルメタゼパム(商品名:エバミール)などがあり、トリアゾラムなどは抗不安作用が強めの睡眠薬とされています。

 

ですので、不安が強くて眠れない場合、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用することで、不眠が解消される場合があります。

 

 

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は副作用の心配も・・・

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は1960年台から使われている睡眠薬で、実績は長いのですが、現在主流の非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と比較して、副作用が強いことが知られています。

 

例えば、筋肉の力が抜ける筋弛緩作用や、睡眠薬の服用後の記憶がなくなる健忘作用の他、翌日に睡眠薬の影響が残り、だるさやめまいがするといった持ち越し効果などが起こる場合があります。

 

 

 

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と抗うつ薬を組み合わせることも

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬(ゾルピデム、ゾピクロンなど)は比較的副作用が起こりにくく、安全な睡眠薬として知られていますが、抗不安作用も弱くなります。そのため、不安が強い不眠の場合は、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と抗うつ薬や抗不安薬を併用することもあります。

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を処方するのか、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を処方するのか、抗うつ薬や抗不安薬を組み合わせて処方するのか、といったことはそれぞれの症状を考慮した上で、お医者さんに判断してもらうことになります。

 

 

 

 

不安を取り除くためには、こんな成分を摂取しましょう

成分

GABA

GABAはリラックス作用があるアミノ酸として知られており、そのリラックス効果には数多くの研究結果があります。GABAを多く含む発芽玄米、やじゃがいもなどを積極的に食べるようにしてみましょう。

 

 

DHA

DHAは精神を安定させてうつ病を防ぐ効果があると考えられています。実際に、魚を多く食べる習慣のある国では、うつ病の発症率が少ないといったデータもあります。

 

DHAは魚の油に多く含まれています。マグロやカツオなどの魚を食べるようにしてみましょう。

 

 

トリプトファン

トリプトファンはアミノ酸の1つで、セロトニンの原料となるものです。セロトニンは不安やストレス、イライラした気持ちを鎮めて、前向きで穏やかな気持ちを創りだす成分として知られており、うつ病の治療においては脳内のセロトニン濃度を高めることが大切だとされています。

 

ですので、トリプトファンをきちんと摂取することで、セロトニンの分泌量が高まり、不安な気持ちが和らぐ効果が期待できます。

 

トリプトファンは豆類や、チーズなどの乳製品に多く含まれています。

 

 

 

 

こうした不安を原因とした不眠に効果的な成分は、サプリで摂取するのも1つの方法です。私が飲んでいるマインドガードDXというサプリでは、GABA、トリプトファンを含むので、こうしたサプリを飲むことも試してみると良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

前のページ | 熟睡できない、疲れがとれないときに睡眠薬は効果がある?
カテゴリトップ | 不眠症の症状別の睡眠薬の使い方
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク