Home » 不眠症・睡眠不足が健康などに及ぼす様々な悪影響 » 睡眠不足の仕事への影響~ミスが増え、自信がなくなる~

睡眠不足の仕事への影響~ミスが増え、自信がなくなる~

スポンサーリンク

睡眠不足だと、普段通りの能力を発揮するのは難しくなるものです。

そのため、慢性的な睡眠不足が続いていると、仕事でミスをするなど、仕事への悪影響も心配されます。

 

そして、仕事のミスなどを気にして、夜眠れないという不眠症になるという悪循環に陥ることもあります。

ここでは、睡眠不足が仕事にどのような影響を与えるのか、紹介します。

 

 

 

 

睡眠不足で注意力や集中力が低下する

仕事の失敗
 
睡眠不足になると注意力が散漫になったり、なかなか集中できないというのは、経験からもわかることだと思います。

ですが、多くの人が考えている以上に、睡眠不足による注意力、集中力の低下は問題なのです。

 

 

 

睡眠不足は、ほろよい状態と同じ!?

実は、睡眠不足の時の脳の状態は、お酒によっている時と同じくらいに、注意力が低下しています。

例えば、睡眠時間が5時間の場合、ほろよい程度の注意力になっていると言われることがあります。

 

また、やや極端ですが、徹夜した時の状態は、ひどく酔っ払った状態と同じようになっています。

 

 

これでは、仕事中に注意力が低下して、ミスが増えるのも仕方がないですね。

 

 

 

 

慢性的な睡眠不足が続くほど、集中力は低下する

また、睡眠不足の期間が続くほど、集中力や注意力は低下することがわかっています。

 

一時的に睡眠不足になる日があってもそれほど問題ではないのですが、慢性的な睡眠不足が数ヶ月と続く場合には、それだけ集中力や注意力が低下して、仕事でミスをする可能性が高くなるわけですね。

 

 

 

 

 

睡眠不足により、自信がなくなってしまいます

睡眠不足また、睡眠不足により、自信がなくなることもわかっています。

ある実験では、自分の行った仕事に対して、正当な評価を下せなくなるという結果が出ています。

 

 

睡眠不足の場合、適切な睡眠をとれている場合と比べて、自分のした仕事の出来を過小評価してしまいます。

実際は普段と同じくらいの出来だったとしても、なぜか上手くできなかったと感じてしまうわけですね。

 

つまり、自分に対して自信がもてなくなってしまうということです。

 

 

 

 

自分に自信がもてないと、ストレスが溜まりやすい

自分に自信が持てない状態が続くと、『また仕事で失敗するのではないか』というような思いが強くなり、それが不眠症を招いたり、うつ病につながったりと悪い影響を与える場合があります。

 

自信をもって仕事をこなすためには、きちんと睡眠を確保することが重要ですね

 

 

 

 

 

以上、睡眠不足が仕事に与える影響を説明しました。

仕事に限らず、睡眠不足による注意力、集中力の低下、自信がもてなくなるという影響は、日常生活に悪影響を及ぼすものです。

 

ぜひ睡眠不足は早めに解消するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

前のページ | 睡眠不足でうつ病になる!?不眠を解消してうつを予防
カテゴリトップ | 不眠症・睡眠不足が健康などに及ぼす様々な悪影響
次のページ | 睡眠不足と病気の関係~糖尿病、高血圧に注意~
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク