Home » 不眠症・睡眠不足が健康などに及ぼす様々な悪影響 » 寝不足だと薄毛・抜け毛が悪化するって本当!?

寝不足だと薄毛・抜け毛が悪化するって本当!?

スポンサーリンク

薄毛薄毛や抜け毛を抑えるために、育毛剤やシャンプーなどのヘアケアを頑張っている方は多いと思います。こうしたケアは確かに大切なのですが、それよりももっと根本的な対策があります。

 

それは、『よく眠る』ことです。十分な睡眠をとっていなければ、いくらヘアケアを頑張っても効果は出ないかもしれません。

 

 

ここでは、薄毛・抜け毛と睡眠の関係について説明します。髪の悩みを持っている方で、良い睡眠をとれていないと言う方は、ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

 

睡眠不足だと薄毛や抜け毛が悪化する理由とは!?

抜け毛
 

育毛の鍵である成長ホルモンが十分に分泌されない

1日のうちで、髪の毛が最も成長する時間は、寝ている時です。それは、寝ている間に頭皮の細胞を修復する成長ホルモンが分泌されるからです。

 

成長ホルモンは子供の成長に重要な役割を果たすものですが、大人になってからも良い働きをしてくれます。睡眠中に成長ホルモンが大量に分泌されることで、体の傷ついた細胞を修復して、疲労を回復してくれるのです。

 

 

そんな成長ホルモンは、頭皮の細胞を修復したり、新しい細胞を作り出してくれるので、薄毛・抜け毛の予防にとって大切な働きをしてくれているのです。

 

それが、睡眠不足になると成長ホルモンが十分に分泌されないため、頭皮が十分にケアされず、薄毛や抜け毛が進行してしまうのです。

 

 

 

 

体の中で、髪の毛の重要性は低い!

また、寝不足になると体のコンディションが万全になりません。そこで、脳は体のコンディションを整えるために指令を出します。そんなとき、脳からしたら、髪の毛というのは重要性が低い部分なのです。

 

髪の毛がなくなっても命が危険にさらされるわけではないですよね。しかし、例えば小腸の働きが低下してしまうと、栄養を上手く吸収できないので大変です。そんなわけで、寝不足による疲労を回復する際に、頭皮のケアはかなり優先順位が低くなっているのです。

 

 

つまり、睡眠不足になると、頭皮に十分に栄養が送られなかったりして、それが薄毛や抜け毛の原因になるのです。

 

 

 

 

 

頭皮ケアを考えると、夜は12時までに眠ることが大切です!

睡眠
 
睡眠中には成長ホルモンが大量に分泌されることで、髪の毛の成長や頭皮の修復が促進されます。そして、特に成長ホルモンが分泌されやすい時間というのが、夜の10時~深夜2時の間になります。

 

つまり、夜の10時には就寝することが、頭皮ケアを考えると非常に効率的です。とはいえ、夜の10時に眠れる人はそう多くないとは思うので、せめて12時までには眠るように心がけましょう。

 

 

 

 

 

以上、ここでは睡眠と薄毛や抜け毛の関係について説明しました。頭皮ケアのために色々とやれることはありますが、まずは睡眠の重要性を見直すことが大切だと思います。睡眠時間をきちんと確保するための努力をして、より深い睡眠をとれるためにできることを考えてみて下さい。

 

スポンサーリンク

前のページ | ずっと眠らないでいると、一体どうなるの?
カテゴリトップ | 不眠症・睡眠不足が健康などに及ぼす様々な悪影響
次のページ | 睡眠時間が5時間未満の人は危険!驚きの5つのリスク
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク