Home » 不眠症の様々な原因~敵を知れば克服できる!~ » 胸焼けで眠れないのは、逆流性食道炎かも!?

胸焼けで眠れないのは、逆流性食道炎かも!?

スポンサーリンク

胃のむかつきや胸焼け、吐き気で眠れなかったり、夜中に目を覚ましてしまうことがあります。

これらの症状がひどい場合は、逆流性食道炎という病気の可能性もあります。

 

逆流性食道炎にかかると、熟睡することが難しくなり、不眠症になってしまう可能性もあります。

心当たりがある方は、ここで紹介する逆流性食道炎の原因や改善法を参考にして、熟睡を取り戻しましょう。

 

 

 

 

胸焼けや逆流性食道炎は不眠症の原因に!

逆流性食道炎胸焼けが起こりやすい人は、夜にベッドに横になった時に、吐き気などの症状が強くなることが多いと言われています。つまり、逆流性食道炎などが原因となって胸焼けが生じる場合、睡眠に悪影響を与えてしまうわけですね。

 

実際にある調査では、胸焼けに悩んでいる人の4人に3人程度は、胸焼けが睡眠に悪影響を与えていると感じているようです。

 

 

 

また、逆流性食道炎というのは最近CMでも耳にすることがあるように、年々増加していることがわかっています。特に年齢とともに逆流性食道炎にかかりやすくなるので、中高年~高齢の方は注意しましょう。

 

 

 

 

 

逆流性食道炎の症状はどんなもの?

逆流性食道炎は、胸焼けや吐き気、ゲップ、喉の不快感、胃のむかつき、お腹の張りなどが症状として現れます。食後や横になった時にこのような症状が起こりやすい場合は、逆流性食道炎の可能性があります。

 

 

また、逆流性食道炎になると、睡眠中にも胸焼けなどの不快感で目を覚ましてしまうことがあります。

目を覚まさなかったとしても、脳波には熟睡を妨げているような反応があり、慢性的に不眠症になってしまう可能性があるようです。

 

 

 

 

 

逆流性食道炎の主な原因はこれ!

逆流性食道炎の原因
 

脂っこい食事や、食事を食べ過ぎている

逆流性食道炎の原因は食事にある場合が多いです。特に、脂っこい食事は要注意です。脂っこい食事は胃酸を増やすために、胃酸が食道に逆流しやすくなり、それが胸焼けなどにつながります。

 

また、脂肪分の多い食事は胃と食道の出入口の筋肉を緩めてしまいやすいので、胃酸が逆流しやすくなります。

 

 

 

次に、食事を食べ過ぎていることも、逆流性食道炎の原因となります。食事は腹八分目でやめておくこと、ゆっくりと時間をかけて食べること、これをしっかりと意識しておくことが大切ですね。

 

 

 

 

お酒、タバコ、コーヒーは逆流性食道炎の原因に!

また、お酒やタバコ、コーヒーは逆流性食道炎の原因になると言われています。

コーヒーだけではなく、カフェインを含むものも逆流性食道炎の原因となるので、紅茶や緑茶も、飲む回数を控えたほうが無難です。

 

 

 

 

ストレスも胃に負担をかける原因です

ストレスは胃腸の働きを弱めてしまうものです。ストレスになっている問題はないか、真剣に考えてみる事が必要です。

 

 

 

 

姿勢が悪いことも、逆流性食道炎の原因になります

また、姿勢と逆流性食道炎には深い関係があることがわかっています。

歩くときにいつも猫背だったり、座っている時の姿勢が悪いと、胃に負担がかかり逆流性食道炎にかかりやすくなってしまいます。

 

 

続きます↓↓

 

次のページ | 逆流性食道炎を改善して、熟睡するためのポイント!

 

スポンサーリンク

  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク