Home » 不眠症の様々な原因~敵を知れば克服できる!~ » 頻尿を改善して、不眠症を解消するためのポイントを紹介!

頻尿を改善して、不眠症を解消するためのポイントを紹介!

スポンサーリンク

頻尿は不眠症を招く原因の一つです。特に、年齢とともに頻尿になりやすくなり、高齢者の不眠症の主な原因として頻尿が挙げられるほどです。

 

ここでは、頻尿を改善して、不眠症を解消するための方法を紹介します。夜中に目を覚ます回数を少なくして、熟睡できるようになりましょう。

 

 

 

夜間頻尿を改善して熟睡するためには?

夜間頻尿の改善のポイント1 水分や、アルコール、カフェインの摂り過ぎを控える

頻尿 改善頻尿を改善するためにまず考えなければいけないことは、水分やアルコール、カフェインの摂取量を控えることです。

夜に全く水分を取らないのでは良くないですが、取り過ぎかなという心当たりがあれば、多少摂取量を減らしてみましょう。

 

 

 

また、アルコールは強い利尿作用があります。お酒を飲むのは睡眠の4時間くらい前にしておき、飲酒用も減らすことが大切です。

特に寝酒が習慣になっている人は特に夜中に目が醒めやすいので、注意しましょう。

 

 

 

 

カフェインの摂り過ぎにも注意!

カフェインにも、利尿作用があるので注意が必要です。

 

コーヒーや紅茶、緑茶などが代表的ですが、炭酸飲料や栄養ドリンク、ココア、チョコレートなどにもカフェインが含まれています。高齢者の場合、カフェインの作用は6時間くらい続くこともあると言われますので、夕方以降はカフェインの摂取は控えることが無難です。

 

 

夜に飲むのであれば、ハーブティーとかほうじ茶など、カフェインの含まれないものを選びましょう。

 

 

 

 

夜間頻尿の改善のポイント2 病気が原因の場合はきちんと対処する

病気
 
水分やアルコール、カフェインの摂取を控えても夜間頻尿が改善されない場合、何らかの病気が原因となっている可能性があります。

その場合、病気自体を改善しないことには、頻尿も治りません。

 

 

夜間の頻尿を招く病気としては、糖尿病や高血圧、肝不全、心不全、前立腺肥大、尿路感染症、睡眠時無呼吸症候群など様々です。こうした持病を持っている方は、きちんとこれらの病気を治療していくことが、頻尿の改善にもつながります。

 

 

 

 

夜間頻尿の改善のポイント3 早めに病院に相談しましょう

頻尿が続く場合、水分やアルコール、カフェインの取り過ぎが原因の場合はすぐに原因が特定できますが、病気が原因の場合は自分ではなかなか特定できません。

 

その場合、病院で診てもらったほうがいいと思います。思わぬ病気が見つかる可能性があるので、早めに病院に相談しましょう。病院では夜間頻尿を抑える薬を処方してもらえるので、不眠症も改善していくと思います。

 

 

 

 

 

加齢・高齢による夜間頻尿はある程度の妥協も必要です

ここまで夜間頻尿の原因や改善策を紹介してきましたが、加齢や高齢により頻尿になることは、ある程度仕方がないことです。もちろん、水分の摂り過ぎなどの場合はすぐに対処できますが、特に原因となる病気がなくても頻尿になることも多いです。

 

 

その場合、あまり頻尿のことを気にしすぎると、余計に不眠症が悪化する可能性があります。

年齢により頻尿になりやすいことはある程度仕方が無いことだと妥協して、あまり悩み過ぎないほうが、熟睡しやすくなりこともありますよ。

 

スポンサーリンク

前のページ | 不眠症を招く様々な病気を知ろう
カテゴリトップ | 不眠症の様々な原因~敵を知れば克服できる!~
次のページ | 胸焼けで眠れないのは、逆流性食道炎かも!
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク