Home » 不眠症の様々な原因~敵を知れば克服できる!~ » うつ病の人のほとんどは不眠症って知っていましたか?

うつ病の人のほとんどは不眠症って知っていましたか?

スポンサーリンク

うつ 不眠うつ病と不眠症には深い関係があり、実はうつの方のほとんどは不眠になると言われています。不眠症というのは、精神的なものが原因となってなる場合が多いので、うつ病も不眠の1つの原因となるわけです。

 

 

ですので、不眠に悩んでいる方は、『もしかしてうつ病の可能性があるかも・・・』、ということを考えてみたほうが、早めに不眠症を改善できる可能性があります。

 

ここでは、うつ病と不眠症の関係や、うつが原因の不眠症の対策を紹介します。

 

 

 

 

うつ病が原因の不眠症の特徴は?

うつ病
 

最も多いのは早朝覚醒

うつ病が原因となって起こる不眠症の特徴として、最も多く見られるのが早朝覚醒です。目覚ましをかけている時間よりも早くに目が覚めてしまって、もう一度寝ようとしてもなかなか寝付けなくなります。

 

早朝覚醒だけでなく、夜中に目が覚める中途覚醒も見られます。ただし、うつ病が原因で夜中に目が覚める場合は、再び寝ようとしてもなかなか寝付けないことが特徴です。

 

 

 

 

寝付きが非常に悪い

また、うつ病の場合には寝付きが悪くなることもあります。それも、何時間も眠れなくて寝不足なのに、昼寝しようとしても眠れない、こんな症状が見られることもあります。

 

深刻な場合は、ほとんど一睡もできななんていうこともあります。

(ただし、本当に寝ていないのかどうかは主観的なものなので、実際は多少は寝ていたりするものですが。)

 

 

 

 

なかなかベッドから起きられない

また、早朝覚醒とは逆のことなのですが、朝なかなか起きれないというのも、うつ病の人には見られる場合があります。朝起きるのが嫌で、ひどいケースでは午後になっても起きられないということもあります。

 

うつ病の場合、起床時にすごく憂鬱感があって、起きたくないと考えてしまう場合があるんですね。

 

 

 

 

その他にも、こんな症状の場合にはうつ病の可能性が・・・

     

  • 何に対してもやる気が起こらなくて、無気力
  • 食欲が出ない
  • いつも不安な気持ちがある
  • 人と会ったり話すのがめんどくさい

 

 

不眠の症状に加えて、このような症状が当てはまる場合は、うつ病かもしれないと考える事が必要です。

 

 

 

それでは次に、不眠の原因がうつ病かもしれないとわかった場合に、どのような対策をとればいいか、説明します。

 

 

続きます↓↓

 

次のページ | うつ病が原因の不眠症を改善するならこの方法

 

スポンサーリンク

  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク