Home » 季節ごとの睡眠のコツを知り、熟睡しよう » 暖かいからと言って、その寝間着はタブーかも!?

暖かいからと言って、その寝間着はタブーかも!?

スポンサーリンク

寒い冬には、暖かい格好をしてベッドに入りたくなりますよね。
でも、だからといってパーカーやトレーナなどを着て眠ってはいませんか?

 

ここでは、冬はどんな格好をして眠るべきか、説明します。暖かいからといって厚着をし過ぎると、却って睡眠が妨げられることもありますよ。

 

 

 

 

寒いからといって、厚着をし過ぎるのはNG!

パジャマ
 
寒い夜には、服を3枚や4枚重ね着したり、パーカーやカーディガンなどを羽織って眠ることがあるかもしれません。ですが、過ぎた厚着によって、眠りが浅くなることがあるので、注意が必要です。

 

 

 

冬だって、汗をたくさんかくのです

人は一晩の間に、かなりの量の汗をかいています。それは夏だけでなくて、冬でも同様です。

そして、就寝中には汗をかくことで、体温を効率的に下げて、深い眠りを実現しているんですよ。

 

それが、厚着をし過ぎると、汗が服の内側にこもってしまい、効率的に体温を下げにくくなります。

ですので、寒いからといって変に厚着をしないで、暖かいパジャマを着て眠りましょう。

 

 

 

 

 

ゴワゴワした寝間着もNG!

また、ハイネックの寝間着や、フードのあるパーカーなどを着て眠るのも、睡眠に悪い影響をあたえる可能性があります。

 

こうした服は、首や頭のところに生地があるため、寝返りがうちにくくなるというデメリットがあります。寝返りがスムーズに打てないと、なかなか熟睡することは難しくなるので、寝返りを邪魔しそうなゴワゴワした寝間着は控えましょう。

 

 

 

 

 

結局、ちゃんとパジャマを着て眠るのが一番です!

結論として、眠るときにはちゃんとパジャマを着て眠ることが一番です。

寒いからといって、パジャマの上に何かを羽織って眠るのは良くないので、寝間着はパジャマだけにしましょう。

 

パジャマの素材としては、シルク(絹)は吸湿性が高いので、暖かさが逃げにくくてお勧めです。暖かい素材のパジャマを着てもどうしても寒いという場合には、暖かい掛け布団を選ぶと良いですよ。

 

 

 

 

 

以上、冬にどのような寝間着で寝るのが良いか、説明しました。たかが寝間着と思うかもしれませんが、快適な睡眠をとるためにはとても重要なアイテムです。ぜひ寝間着にもこだわりをもちましょう。

 

スポンサーリンク

前のページ | 冬の睡眠のコツ~寒くても朝まで熟睡!~
カテゴリトップ | 季節ごとの睡眠のコツを知り、熟睡しよう
次のページ | 冬に快眠するための、室温・湿度のコントロール術
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク