Home » 季節ごとの睡眠のコツを知り、熟睡しよう » 花粉症で眠れない私の5つの必須アイテム

花粉症で眠れない私の5つの必須アイテム

スポンサーリンク

私は重度の花粉症なのですが、一番辛いのは鼻づまりや鼻水がひどくて眠れないことです。鼻づまりが原因で、夜中に5~6回起きてしまうことは普通のことなので、寝ても疲れが取れずにかなりハードです。

 

とはいえ、今では様々な鼻づまり解消アイテムを使うようになって、だいぶ眠れるようになってきました。同じように花粉症が原因で眠れない人に役に立つと思うので、紹介してみます。

 

 

 

 

鼻づまり解消アイテム① アレグラ

アレグラ
 
これは医者で処方してもらった薬です。今は花粉症の人に処方される薬はだいたいアレグラだそうですね。医者が言うには、『眠くなることがほとんどないが、それほど効果は強くない』とのことでした。

 

アレグラを飲んで劇的に症状が改善されるわけではありませんが、飲むのと飲まないのとではだいぶ違います。これは必須アイテムです。

 

 

 

 

 

鼻づまり解消アイテム② 杉茶ゴールド

杉茶ゴールド
 
花粉症に良いとされているサプリで、正式名称は『杉茶ソフトカプセル 家伝 杉茶ゴールド』と言います。ネットで評判が良かったので買ってみたのですが、確かに杉茶ゴールドを飲むと、くしゃみや鼻水は多少和らぎます。

 

1ヶ月くらいの分量が5000円くらいするのでけっこう高いのですが、お金を惜しんではいられません。

アレグラと杉茶ゴールドは手放せないので、この2つは朝晩必ず飲むようにしています。

 

 

 

 

 

鼻づまり解消アイテム③ べにふうき&甜茶

べにふうき
 
花粉症に良いとされているお茶であるべにふうきと甜茶も飲んでいます。

 

まあお茶なので、飲んですぐに効果があるということはありません。これがどれほど花粉症の改善に役だっているのかはいまいちわかりませんが、飲まないよりはマシだと思うので毎日飲んでいます。

 

べにふうきは好きな味なのですが、甜茶は甘ったるくてイマイチですね。

 

 

 

 

 

鼻づまり解消アイテム④ ブリーズライト

ブリーズライト
 
鼻に貼ると鼻づまりを緩和できるシールです。これまでは鼻が詰まった時には重宝していたのですが、今年は花粉症の症状がきつすぎて、ブリーズライトはほとんど意味をなしてくれません。

 

ちょっとの鼻づまりであれば、ブリーズライトを使ってみるのは良いと思います。

 

 

 

 

 

鼻づまり解消アイテム⑤ 点鼻薬ナザールAR

ナザールAR
 
さて、ここまで紹介した4つのアイテムを使っていても、今年の花粉は本当にきつすぎて、寝るときの鼻づまりはなかなか解消されませんでした。その寝るときの鼻づまりが最も解消されたのが、最近使い始めた点鼻薬の『ナザールAR』です。

 

これは薬局に売っているのですが、第一種医薬品ということで薬剤師さんがいる時でないと購入出来ません。それだけに、効果はかなり高いようで、就寝前にナザールARを使うとだいぶ鼻づまりが解消されました。

 

これまではほとんど鼻呼吸は諦めていたのですが、片方の鼻からなんとか鼻呼吸ができるようになったので、かなりの改善です。

 

 

 

 

ナザールARのデメリット

ただ問題点としては、ステロイドを使っているために、1年のうちに1ヶ月間しか使ってはいけないので、注意が必要です。また、副作用なのか、多少頭が重い感じがするのと、歯の奥に違和感を感じます(歯の矯正をつけていた時のような感覚です)。

 

とはいえ、そうしたデメリットも鼻づまりの解消効果によりメリットが大きく上回るので、今は手放せないアイテムです。

 

 

 

 

 

以上、花粉症による鼻づまりで眠れない私が愛用しているアイテムを紹介しました。花粉の時期は眠れなくなったり、睡眠の質が下がったりしやすいので、日中に疲れやすくなるものです。

 

ぜひここで紹介したアイテムを活用して貰って、快眠してもらえたらと思います。

 

スポンサーリンク

前のページ | 春の睡眠のコツ~花粉症、鼻づまりを解消して熟睡~
カテゴリトップ | 季節ごとの睡眠のコツを知り、熟睡しよう
次のページ | 鼻づまりで眠れないので、解消法を試してみたところ・・・
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク