Home » 季節ごとの睡眠のコツを知り、熟睡しよう » 夏こそ冷え性に気をつけて快眠しよう!

夏こそ冷え性に気をつけて快眠しよう!

スポンサーリンク

夏の冷え性夏は寝苦しくて、なかなか寝付けなかったり、夜中に目が醒めてしまうことが多いですよね。

 

暑苦しい夜は不眠症になりやすいものですが、あまり気づきにくい原因として、冷え性によって眠れなくなっている場合もあります。実は、冷え性の方は夏こそ気をつけなければいけません。

 

ここでは、夏の冷え性を解消して、不眠を克服する方法を紹介します。

 

 

 

 

夏にこそ冷え性になりやすい!?

暑いのに冷え性??、と疑問に感じたかもしれません。ですが、実は夏のほうが冷え性になりやすい要因が多いのです。

 

例えば、夏はどこに行っても冷房がかかっています。電車、社内、デパート、基本的に1日中冷房で体を冷やされますよね。節電と言っているものの、かなり体が冷やされていることは間違いありません。しかも、冷房がかかった場所で薄着で過ごしていると、なおさら体が冷えやすくなるものなので、注意が必要です。

 

このように、夏はこうした冷えが体に蓄積するので、慢性的に冷え性になりやすい季節なのですよ。

 

 

 

 

 

冷え性になると不眠になるのはどうして??

夏の不眠症
 
では、どうして冷え性になると不眠になるのでしょうか。

 

それは、寝るときに体温変化が起こりにくいからです。就寝中には、手足から熱を放出して、体全体を冷やすことで、深い眠りに入っていきます。しかし、冷え性で手足が冷えていると、手足からの放熱が起こりにくく、体温が下がりにくいわけです。

 

ですので、夏に日頃から冷え性になっている人は、慢性的に不眠になっていることもありますよ。

 

 

 

 

 

夏の冷え性を克服する簡単な方法とは?

それでは、夏に冷え性気味の場合、どのような対策をとればよいのでしょうか。ここでは、夏の冷え性対策として、オススメの方法を紹介します。

 

 

 

寝得る前に手足を動かそう

体を温める
 
冷え性の方は、手足が冷えやすく、それにより手足から熱が放熱しにくいことで、不眠を招いています。そこで、寝る前に手足を温めることが大切です。

 

手足を暖める方法は簡単で、手を開いたり握ったりを繰り返すこと、足首を回したり動かすこと、それだけです。実際にやってもらえればわかりますが、手や足を動かすだけで、かなり手足はぽかぽかと温まってきます。手足がぽかぽかしている状態でベッドに入れば、手足からの放熱が起こって体温が下がるので、寝付きが良くなりますよ。

 

 

 

 

日頃から体を温める食材を取ることが大切

また、根本から冷え性体質を改善するためには、普段の食事に工夫をすることがオススメです。

体を温める食材としては、生姜や玉ねぎ、唐辛子などが有名です。これらの食材を意識して多目に食べることで、冷え性体質が改善されやすくなりますよ。

 

 

 

 

 

以上、夏に冷え性で眠れなくなる原因と対策を紹介しました。夏の冷え性は、自分ではなかなか気づきにくいものですが、冷えが原因で眠れなくなっている人は多いと思います。他人ごとだと思わずに、冷えを取り去る工夫をしてみましょう。

 

なお、冷え性の改善方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

前のページ | 夏に快眠するコツ~熱帯夜も怖くない!~
カテゴリトップ | 季節ごとの睡眠のコツを知り、熟睡しよう
次のページ | 寝苦しい夜は、体を冷やして熟睡しよう!
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク