Home » 快眠のための正しい枕の選び方 » 素材の特徴を知って、賢く枕選び

素材の特徴を知って、賢く枕選び

スポンサーリンク

枕選び最近は枕ショップに行けば、いくつもの素材の枕が並べられています。

 

ですが、枕の素材にはどんなものがあって、素材ごとにどんな特徴があるのかというのは、ほとんど知らないものですよね。

 

 

そこでここでは、枕の素材としてよく使われているものを紹介します。素材ごとの特徴を知り、枕選びの参考にしましょう。

 

 

 

 

①低反発ウレタン

一番好まれている素材です。

 

メリット

やや柔らか目の感触で、弾力性が強く、ゆっくりと沈み、ゆっくりと元に戻るのが特徴です。寝心地の良さを気に入る人が多いようです。

 

デメリット

通気性は良くないので、蒸れやすくなります。

安い枕の場合、すぐにへたってしまい、枕の形が戻りにくくなることもあります。

 

 

 

 

 

②プラスチック

プラスチックを加工したもので、ストロー状のものや、小さなビーズ状のもの、球状のものなど様々です。加工されたものは、パイプ、ビーズ、コルマなどと呼ばれます。

 

メリット

通気性が良いので、ダニが発生せず、清潔に使えます。やや固めの感触になることが多いですが、加工方法によって変わります。

耐久性が高く、長く使える場合が多いです。

 

デメリット

吸湿性が低いので、汗を吸い取ってくれません。また、物によっては、中の素材がジャラジャラと動いてしまい、頭が安定しないことがあります。

 

 

 

 

 

③羽毛

羽毛枕
 
掛け布団として人気の羽毛ですが、枕としてもそこそこの人気があります。

 

メリット

鳥の羽根だけあって、吸湿性・発散性に優れていいます。そのため、夏は涼しく、冬は暖かい枕になります。

 

デメリット

柔らかい感触の枕になるのですが、柔らかすぎるので頭が沈み過ぎることがあります。また、長く使っていると、羽根が枕から飛び出てくることもあります。まれにアレルギー反応を示す方もいるので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

④そばがら

昔ながらの素材で、そばの実の殻を使って枕を作ります。

 

メリット

通気性や吸湿性に優れているので、夏は涼しく、汗をかいても吸い取ってくれるので快適です。固めの感触の枕に分類されます。

 

デメリット

そばがらを使っているので、ダニなどが発生することがあります。こまめに天日干しすることが大切です。1年も使っていると、そばがらが割れてしまうので、買い替えが必要です。まれにアレルギー反応を示す方もいるので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

⑤綿

枕やクッションによく使われている、リーズナブルな素材です。

 

メリット

クッションにも使われていて、ふわふわとした柔らかい感触が特徴です。

 

デメリット

使い込んだクッションを見ればわかりますが、使っているとへたってしまいます。また、柔らかいので、頭が沈む込みすぎてしまう場合があります。

 

 

 

 

 

その他にも枕に使われている素材はたくさんあるのですが、ここでは代表的な素材を5つ紹介しました。

とはいえ、まだどんな素材の枕を選べば良いかというのは、なかなかわからないと思います。

 

次のページでは、どんな素材の枕がオススメなのかを紹介します。

 

 

続きます↓

 

次のページ | 枕の素材はこうして選ぶ!ケース別のおすすめ枕

 

スポンサーリンク

  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク