Home » 妊娠中の睡眠の悩みを解消しよう » 妊娠中に睡眠薬を服用しても大丈夫?

妊娠中に睡眠薬を服用しても大丈夫?

スポンサーリンク

妊娠中に不眠に悩まされることは、珍しいことではありません。

しかし、妊娠中の不眠症の解消手段として睡眠薬を用いることは、なるべくやめたほうが良いとされています。

 

 

妊娠中は、基本的に睡眠薬の服用は避けること!

睡眠薬
最近の睡眠薬は、昔と比較して効果が弱く、体への影響も少なくなっているので、妊娠中に服用したとしても、それほど問題がないかもしれません。

 

ですが、一般的な考え方としては、妊娠中には胎児への影響を考えて、睡眠薬の服用は控える方が良いとされています。

(ちなみに、睡眠薬を服用中は赤ちゃんへの授乳は避けるべきだとも言われています。)

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は胎盤を通るため、胎児への影響があるのでは、との考えもあります。

 

 

 

医師の判断で、妊娠中に睡眠薬を服用するケースも

とはいえ、妊娠中の不眠がひどい場合、それが胎児に影響してしまう可能性もあります。睡眠薬を服用して不眠を改善することのメリットが、睡眠薬を服用するリスクよりも高いと判断されれば、睡眠薬を服用することもあるわけです。

 

その場合も、お医者さんの指示にしたがって、服用量や服用の仕方をきっちりと守ることが大切なのは言うまでもありません。

 

 

妊娠中は市販の睡眠改善薬も服用しないほうが良い

なお、妊娠中は睡眠薬だけでなく、市販の睡眠改善薬の服用も控えたほうが良いと思います。

実際に、睡眠改善薬として有名なドリエルにも、妊娠中は服用しないように注意書きがあります。

 

 

 

 

妊娠中の不眠を改善するには、どうすればよいの?

妊婦

出産に対して不安を感じ過ぎないことが大切です

妊娠中には出産に対する不安を感じ、それがリラックスを妨げて、眠れなくなるケースがあります。出産に対して不安に思わないように、なんて言われても簡単ではないと思いますが、1つ知っておくと良いことがあります。

 

それは、妊娠中に多少の睡眠不足があったとしても、胎児には影響がないと考えられていることです。

 

あまり眠れていなくても、子供には影響がないから大丈夫かな、という風に考えられるようになると、少しはリラックスできるかもしれません。

 

 

 

カモミールがリラックスできておすすめです

妊娠中にリラックできるアイテムにカモミールがあります。

カモミールは緊張や興奮を和らげて、リラックス効果がある花として知られており、妊婦さんにも影響がないとされています。

 

カモミールティーを飲むのも良いですし、カモミールの精油を買ってきて、寝る前にハンカチに垂らしたり、アロマオイルを楽しむのも良いですね。リラックスできて良く眠れるようになるかもしれません。

 

 

 

妊娠中に飲めるサプリもあります

サプリであれば、妊娠中に飲んで良い物もあります。サプリの注意書きを読んで、妊娠中に飲んで問題ないかどうかを確認した上で、服用するのもありだと思います。

 

なお、私が気に入っているマインドガードDXというアプリは、妊娠中に飲んでも大丈夫だと書いてあります。

 

 

 

 

妊娠中は睡眠薬や睡眠改善薬の服用は避けたほうが良いですが、別の方法で不眠を改善して、安眠できるようになってもらえたらと思います。

 

スポンサーリンク

前のページ | 妊娠中には頻尿で目を覚ましやすくなる
カテゴリトップ | 妊娠中の睡眠の悩みを解消しよう
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク