Home » 不眠の悩み別対策、アドバイス【Q&A】 » 朝の目覚め、寝起きが悪い時は?スッキリ起きるための3つの秘訣

朝の目覚め、寝起きが悪い時は?スッキリ起きるための3つの秘訣

スポンサーリンク

朝 目覚め不眠症と言うと、夜眠れないと悩む方が多いです。しかし一方で、寝付きは良くて、しっかりと睡眠時間を確保していても、熟睡した気がしないという方も多くいます。

 

 

そして、熟睡できない、眠りが浅いと感じる場合、朝の目覚めが悪いため、熟睡できなかったと感じる場合もあります。その場合、朝の目覚めを良くしてスッキリと起きることで、熟睡感を感じて、1日を活発にスタートすることができます。

 

 

 

 

そこでここでは、朝の寝起きを良くするためのポイントを紹介します。

 

朝の目覚めが悪いと、体調不良を感じたまま1日を過ごすことになり、仕事でもなかなか力を発揮しにくいものです。ぜひ良い朝の目覚めを得るために、寝起きにはこだわってほしいと思います。

 

 

 

 

 

ポイント1:朝の目覚めを良くするには、適切な睡眠時間を見つけること

朝の目覚め睡眠には浅い眠りと深い眠りの2種類があり、睡眠中にはこれら2種類の眠りが交互に訪れています。

 

当然ですが、浅い眠りのタイミングで目を覚ませば、すっきりと目覚められるため、質の良い睡眠をとったように感じられます。この浅い眠りが訪れるタイミングですが、一般的には90分周期で訪れると言われることが多いです。

 

 

よく睡眠時間が7時間半だとスッキリと起きられると言われますが、これはちょうど90分周期の浅い眠りのタイミングで起きられるためです。

 

 

 

 

スッキリ目覚められる睡眠周期を見つけよう

ですが、浅い眠りが訪れる周期は人によって個人差があるので、必ずしも90分周期でスッキリ起きられるとは限りません。だいたい90分~120分くらいの周期で浅い眠りが訪れるようです。

 

 

自分がどのタイミングで浅い眠りが訪れるのか、こればかりは実験してみるしかありません。7時間半にしてみて、寝起きが悪ければ15分後ろにずらしてみて・・・など試して見て、朝の目覚めの良い睡眠時間を見つけることが大切です。

 

 

 

 

人の睡眠周期はだいたいいつも同じ

睡眠周期
 
幸い、人の睡眠の周期は、だいたい毎日同じようになるようです(昼寝などは別ですが)。

 

ですので、1度自分にぴったりの周期を見つけられれば、比較的朝スッキリと目を覚ますことが可能になると思います。自分にピッタリの睡眠時間を見つけたら、起きる時間から逆算して睡眠時間を決めるようにすれば、朝の目覚めが良くなるはずです。

 

 

 

・・・とはいえ、いくら時間を見計らって寝ようとしても、寝るまでに時間がかかってしまい、計算がずれてしまう場合も多いです。私の場合はだいたいうまくいかないので(笑)、あまり厳密に睡眠時間にこだわりすぎずに、アバウトに睡眠時間を決めるようにしています。

 

それでも、ある程度睡眠時間を要請することで、朝の目覚はずっとよくなりますよ。

 

 

続きます↓↓

 

次のページ | 朝の目覚め、寝起きが悪い時は?スッキリ起きるための3つの秘訣②

 

スポンサーリンク

  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク