Home » 不眠の悩み別対策、アドバイス【Q&A】 » 朝の目覚めを良くしてスッキリ起きるための3つの秘訣

朝の目覚めを良くしてスッキリ起きるための3つの秘訣

スポンサーリンク

毎朝の目覚めがよくなれば、熟睡感もアップして生活にもハリが出ます。
ここでは、朝にスッキリと目覚めるためのコツを紹介しています。
 

 

 

ポイント2:目覚めを良くするために、朝の行動を習慣にする

寝起き

食事のリズムが、朝の目覚めを良くすることにつながる

人の体には、睡眠と覚醒のリズムをコントロールしているものがいくつかあります。例えば、体温はその一つです。体温が低くなると眠くなり、目覚めに向けて体温が上がっていきます。
 

 

また、体温以外に食事のタイミングも、睡眠と覚醒のリズムをコントロールしています。

 

例えば、毎朝同じ時間に朝食をとる。こうすると、寝ている最中から胃腸が朝食をとる時間に向けて活動を初めます。それにより、だんだんと体が目覚める方向に向かっていき、朝の目覚めが良くなります。

 

 

 

 

朝食は同じ時刻に食べるようにしよう!

ですので、朝食は同じ時間にとることが大切です。

 

一番は悪いのは摂ったり取らなかったりすることです。これだと、胃腸がいつ活動を始めていいのかわからず、朝の目覚めが悪くなります。あまり朝からご飯を食べたくない人でも、バナナなど軽いものでいいので、毎朝決まった時間に食べるようにしましょう。

 

 

 

 

運動も朝の目覚めを良くする要因の1つ

また、運動も体温や食事と同様に、睡眠と覚醒のリズムをコントロールする因子です。

 

人の体は不思議なもので、毎日決まった時間に運動をしていると、脳や体はその時間が近づくと、活動ができる準備をするために、目が醒めやすくなり、寝起きが良くなるようです。

 

 

 

 

朝の運動を習慣にしてしまおう

朝のウォーキング
 
そのため、理想を言えば毎朝ウォーキングなどを日課にすると、朝の目覚めがよくなる可能性があります。とはいえ、朝から運動はなかなか大変なので、目が覚めたらすぐに、布団のなかでも手足を上げたり下げたりするのもいい方法です。

 

 

それを毎朝の日課にすれば、起きる時間に向かって脳や体が目を覚ます準備をするようになります。また、朝すぐに少しでも体を動かすことで、交感神経にスイッチが入り、血圧や体温が上がり始めて、目覚めが良くなりますよ。

 

 

 

 

 

ポイント3:朝スッキリ目覚めるために、光を浴びるようにする

目覚めを良くする太陽の光と覚醒は、とても密接な関係を持っています。

 

そもそも昔の人は目覚まし時計なんてありませんでしたから、太陽の光を受けて目を覚ましていました。太陽の光で自然と目を覚ますことが、人間が最もスッキリ目覚められる方法だとも考えられます。

 

 

 

 

太陽を浴びて、メラトニンを分泌させよう

実際に、太陽の光を浴びるとメラトニンというホルモンの分泌が抑制されます。

 

メラトニンは眠気をコントロールするホルモンですが、太陽の光を感じなくなると分泌を始めて、眠気を催します。逆に、太陽の光を感じると、分泌量が少なくなり、目覚めに向かいます。

 

つまり、朝型太陽の光を浴びることが、朝の目覚めを良くするためのコツになります。

 

 

 

 

カーテンを開けたまま寝るのがおすすめ

朝に太陽の光を浴びる方法としては、カーテンを少し開けて光が入るようにするという方法があります。これは実際に私もやっていることですが、カーテンを締め切っている時よりも寝起きは良くなっているように感じます。

 

 

 

 

光目覚ましという便利アイテムもあります

また、今は光目覚まし時計という便利なアイテムもあるので、光目覚ましを活用することもおすすめです。これは起床時間を設定すると、その数十分前から光を照射してくれるもので、寝ている間に光を浴びることで、朝の目覚めが良くなります。

 

光の強さも、太陽の光を直接浴びるほどの強さはありませんが、体を覚醒に向かわせるためには十分過ぎるほどの強さです。

寝起きが悪い方は使ってみるのもいいですよ。

 

 

 

 

 

朝の目覚めがよくなると、朝からシャキっと活動できて、仕事もバリバリこなせるようになると思いますので、取り入れて貰えたらと思います。

 

スポンサーリンク

前のページ | 寝起きを良くするための5つのテクニック
カテゴリトップ | 不眠の悩み別対策、アドバイス【Q&A】
次のページ | 二度寝をしてしまう・・・。朝スパっと起きるには?
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク