Home » 睡眠クイズpart2 » 睡眠不足だと太りやすくなるので気をつけよう!

睡眠不足だと太りやすくなるので気をつけよう!

スポンサーリンク

痩せるために食事に気をつけたり、運動をがんばっていても、そもそも睡眠時間が不足していたら、痩せることがとても難しくなります。

 

睡眠時間と肥満には深い関係があるので、ダイエットしたいのであれば、睡眠時間をきちんと確保することが大切ですよ。

 

 

 

睡眠時間が短い人は、肥満の人が多い

睡眠不足で太る
 
実際にある研究によれば、睡眠時間が5時間より短い人は、7~8時間の人よりも肥満度が50%高いという結果が出ています。睡眠時間が5時間以下の人は肥満度が急激に上昇するので、睡眠時間を増やすように工夫しましょう。

 

また、最も肥満度が低い睡眠時間は7~8時間です。普段から睡眠時間がちょっと足りないかなと感じている方は、7時間くらいを目安に睡眠時間を増やしてみると、痩せやすくなるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

睡眠不足で太りやすくなるのはどうして?

肥満
 
ではどうして睡眠不足だと太りやすくなるのでしょうか。寝不足だと活動量が低下して、基礎代謝が落ちるということも理由の1つはありますが、ホルモンの分泌に異常をきたすというのが大きな原因です。

 

 

例えば、睡眠不足だとグレリンというホルモンが増えます。グレリンは食欲を増進させるホルモンで、このホルモンの分泌量が増えると、普段よりも大食いになってしまうのですね。

 
また、睡眠不足だとレプチンというホルモンが減ります。レプチンは脂肪の摂取を抑制するホルモンで、このホルモンの分泌量が減ると、普段よりも脂っこいものを食べたくなってしまうのです。

 

 

 

このように、睡眠不足だと食欲に関係するホルモンの分泌量に異常が起こり、普段よりも食べる量が増えてしまうのです。それが、睡眠不足だと太りやすくなる主な原因です。

 

 

 

 

 

ダイエットをするならまずは睡眠から!

ダイエットをしたいと思っている人は、食事制限よりも何よりも、まずは睡眠時間が十分か見直してみましょう。できれば7時間くらいの睡眠時間は取りたいところですね。

 

睡眠時間を十分に確保する努力をした上で、食事を減らしたり、運動をしたりという努力をすると、効率的にダイエットができますよ。

 

スポンサーリンク

前のページ | 暗記をするなら、寝る直前が効率的!
カテゴリトップ | 睡眠クイズpart2
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク