Home » 睡眠クイズpart2 » 女性のための、熟睡・快眠を得るためのコツ

女性のための、熟睡・快眠を得るためのコツ

スポンサーリンク

女性は男性と比較して、深い睡眠をより多くとっており、中途覚醒の回数も少なく、全体的により熟睡できています。しかし、睡眠に対する満足を調べると、男性よりも女性のほうが、睡眠に対してより強い不満をもっています。

 

特に更年期以降の女性は、男性と比較して、より不眠の悩みを強く持つ傾向にあります。そこでここでは、不眠症の悩みを持つ女性のために、熟睡・快眠できるコツを紹介します。

 

 

 

 

女性のための熟睡・快眠のコツ① 冷え性を改善するべし!

女性 熟睡女性は冷え性になりやすく、それが原因で寝付きが悪くなったり、熟睡しにくくなっている場合が多くあります。冷え性とは手足の血管が広がらずに、手足の先まで血液が循環しない状態です。

 

 

手足の先まで血液が循環しないと、手足の指先から体の熱を放熱できずに、体温が下がりにくくなります。そして体温が下がらないと、寝付くまでの時間がかかったり、眠りが浅くなって熟睡できなくなってしまいます。

 

 

 

そのため、熟睡のためには冷え性を改善することを考えましょう。

冷え性の改善には次の方法がオススメです。

 

 

 

生姜で体を温める

生姜
 
生姜の体を温めるパワーはとても強く、その効果は健康やダイエットなどにも注目されています。唐辛子やキムチなどの辛い食べ物も体を温めますが、辛いものは胃に負担がかかる場合があります。その点、生姜は胃腸への負担が少ないですし、何より飲み物として飲めるのがうれしいところです。

 

 

例えば、生姜紅茶や生姜湯は手軽に飲めて美味しく、体を暖める効果が高いです。自分で作ってもいいですし、市販の物や通販で買っても良いですね。

 

ただし、不眠症の方はカフェインを控えたほうがいいので、生姜湯にしたほうがいいと思います。

 

 

 

 

ぬるま湯にじっくり浸かる、足湯を活用する

冷え性を改善して快眠するために、ぬるめのお湯に長めに浸かることも効果的です。特に暑い日はシャワーで済ませたくなることがありますが、きちんと湯船に浸かるようにしましょう。

 

体が温まる入浴剤を使うとさらに効果的で良いですね。また、洗面器にお湯を汲んで、足湯をするのも効果的です。

 

 

 

 

 

女性のための熟睡・快眠のコツ② リラックスできる方法を見つける

女性 快眠更年期以降に寝付きが悪くなった、熟睡できなくなったという場合に、リラックスできなくなっているというケースもあります。

 

ホルモンバランスの変化でストレスが溜まりやすくなることもあるので、特にリラックスは大切です。

 

 

寝る前にリラックスできていないと、寝付きが悪くなるだけでなく、眠りが浅くなり、睡眠の途中で目を覚ましやすくなることもわかっています。

ですので、自分なりの寝る前のリラックス法を見つけることが大切です。

 

 

 

 

 

こんな方法でリラックスしよう!

リラックスするための方法としては、抱き枕を使ってみたり、快眠のための音楽を流す、ラベンダーなどのアロマを焚いてみる、などの方法があります。

 

また、夕方の軽い運動はストレスを解消する効果が高いので、時間がある方はウォーキングなどを取り入れることもオススメです。

 

 

 

 

 

以上、睡眠に不満を持つ女性が、熟睡・快眠するためのコツを紹介しました。

更年期以降の女性は、不眠の不満を感じやすくなるので大変ですが、だからこそ熟睡できるためのテクニックを色々と試して、自分にあった方法がみつけておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

カテゴリトップ | 睡眠クイズpart2
次のページ | 寝溜めは可能?休日にたくさん寝ていると・・・
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク