Home » 不眠症の人におすすめの食べ物、飲み物、成分 » 不眠症におすすめ!体質に合わせて漢方薬を選んでいます

不眠症におすすめ!体質に合わせて漢方薬を選んでいます

スポンサーリンク

不眠症 漢方不眠症を改善する効果のある漢方薬はいくつかありますが、自分の症状や体質に合った漢方を選ばないと、不眠を解消しにくくなってしまうかもしれません。また、体質に合わない漢方を選んでしまうと、逆に体調を崩す場合もあります。

 

 

ここでは、睡眠の悩みや体質に合わせたおすすめの漢方薬を紹介しています。漢方選びの参考にしてください。

 

 

 

 

酸棗仁湯(さんそうにんとう)~不眠症治療の代表的な漢方~

酸棗仁湯(さんそうにんとう)は不眠症の治療としてよく用いられる漢方薬です。

かなり昔から、不眠には酸棗仁湯が良いと言われ服用されてきた、漢方薬の古株的な存在です。
 

 

酸棗仁湯はこんな人におすすめ!

酸棗仁湯は、心身の疲労が溜まっていて、不眠になっている方におすすめの漢方です。

体の疲れをとって体力をつけるほか、神経を鎮める効果もあるので精神を安定させる効果があります。

 

寝付きが悪いかったり、眠りが浅くて熟睡できない人は、酸棗仁湯の服用を検討してみてください。

 

 

 

 

酸棗仁湯を服用する際の注意点

酸棗仁湯は虚弱体質の方に合っている漢方ではありますが、胃腸が弱かったり、胃腸の調子が悪い場合にはあまり服用しないほうがいいようです。

そのような症状がある場合には、医師や薬剤師さんに相談してみましょう。

 

 

 

 

 

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)~神経が高ぶって眠れない人へ~

抑肝散加陳皮半夏は、神経の高ぶりを鎮める効果のある漢方です。

そのため、寝る前に脳や体の興奮が収まらなかったり、ストレスを感じて眠れないという方におすすめです。

 

また、心を落ち着けるだけでなく、体の緊張もほぐす効果があるとされているので、心身をリラックスして、不眠を解消できる効果が期待できます。

 

 

 

こんな方にオススメです

抑肝散加陳皮半夏は、上で紹介した酸棗仁湯と比較して、胃腸が弱い方でも服用しやすい漢方です。

神経の高ぶりで寝付きが悪い上に、胃腸の状態も良くないという方は、抑肝散加陳皮半夏がお勧めです。

 

 

 

 

 

 帰脾湯(きひとう)~元気がなく疲れきっている人に~

帰脾湯も不眠症に効果を発揮する漢方で、脳や体の緊張を和らげたり、不安を解消するような働きがあります。

 

そして、この帰脾湯は、体を元気にするための生薬なども配合されています。そのため、特に体力が低下していて体が弱っているなと感じる人や、疲れを強く感じる方にお勧めです。

 

 

他にも、貧血にも効果を発揮するので、不眠や虚弱体質に加えて、貧血で悩んでいる方に合っています。

 

 

 

 

 

加味逍遙散 (かみしょうようさん)~不眠に悩む女性におすすめの漢方~

加味逍遙散は不眠に効果がある漢方ですが、特に女性に良く使われるようです。

その理由は、加味逍遙散には手足の冷えや生理不順、更年期障害など女性に多い悩みに対してよく働くという特徴があるからです。

 

 

加味逍遙散は体を温める効果や、自律神経のバランスを整える効果があるとされているので、このような女性に多い悩みに対処できるわけですね。

不眠症だけでなく、上に挙げたような女性特有の悩みがある方は、加味逍遙散はお勧めです。

 

 

 

 

 

以上、不眠症の方におすすめの漢方を4つ紹介しました。自分の体質にあった漢方選びの参考にしてください。

 

また、薬局で漢方を買うときには、自分の不眠の症状や体質を述べた上で、薬剤師にアドバイスをもらうことをオススメします。

 

スポンサーリンク

前のページ | 睡眠を妨げる!?NGな飲み物に注意
カテゴリトップ | 不眠症の人におすすめの食べ物、飲み物、成分
次のページ | トリプトファンは睡眠に必須!食品・サプリで摂取するには・・・
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク