Home » 不眠症の人におすすめの食べ物、飲み物、成分 » 良い睡眠のための、オススメの食べ物

良い睡眠のための、オススメの食べ物

スポンサーリンク

良い睡眠をとるために、これを食べると良いよ、と言われる食事は色々とありますが、本当に眠れる食べ物というものはあるのでしょうか。

 

ここでは、科学的に、快眠によりとされる成分を含んだ食べ物などを紹介します。良い睡眠を取りたい方はぜひ取り入れて下さい。

 

 

 

発酵食品を食べよう!

発酵食品には、睡眠に効果的なトリプトファンという成分や、心身をリラックスさせるGABAなどが含まれているものが多いので、ぜひ積極的に食べるようにしましょう。

 

・チーズ

チーズチーズはとてもオススメです。乳製品の中ではトリプトファンの含有量が非常に多く、GABAの豊富に含まれます。

 

特にトリプトファンは朝に摂取すると良いので、朝ごはんにチーズを加えると良いですね。

 

 

 

・ヨーグルト

ヨーグルトにもトリプトファン、GABAが含まれているのですが、それだけでなく、乳酸菌が良い睡眠を得る上で効果的だという研究があります。

 

毎朝ヨーグルトを食べる習慣をつけるとよいですね。

 

 

 

・納豆

大豆にはトリプトファンが豊富に含まれているので、大豆食品も積極的に食べて欲しい食べ物です。中でも納豆には、自律神経や体内時計を整えるビタミンB12が含まれているので、特にオススメです。

 

好みによりますが、納豆に刻んだ玉ねぎを載せて食べるのもお勧めです。玉ねぎには自律神経を調整するビタミンB1が豊富に含まれています。

 

 

 

 

 

白米を発芽玄米に変えてみよう!

発芽玄米GABAには心身をリラックスさせる効果があるということが、実験から明らかになっており、睡眠にも良い効果をもたらすと考えられています。

 

そのGABAを豊富に含む食材としては、発芽玄米があります。

 

 

 

 

白米にもGABAは含まれますが、発芽玄米に含まれるGABAは白米の10倍!1日茶碗一杯、発芽玄米で炊いたご飯を食べるだけで、1日に必要とされるGABAの量は取れてしまいます。

 

 

発芽玄米は体にも良いので、できれば白米を発芽玄米に変えてみると良いですね。

 

 

 

 

 

温かい食べ物を食べよう!

冷えと睡眠には深い関係があり、冷え性の人は眠りが浅かったり、寝付きが悪かったりしがちです。ですので、普段から体を温める食品を食べていると、快眠にも効果的です。

 

特に、就寝前に体温を上げておくとよく眠りやすくなりますので、夕食で温かいものを食べましょう。

 

 

 

・生姜を使った料理

生姜焼き生姜は体を温める働きがあり、不眠症の方や冷え性の方はぜひ積極的に食べて欲しい食材です。生姜の凄さについては、石原結實先生という方が沢山本を出しているんので、気になる方は読んでみてくださいね。

 

 

豚肉の生姜焼きのようなレシピや、豆腐に生姜を載せて食べるなど、色々と工夫して生姜を食べるようにしましょう。

 

 

 

・カレーうどん

辛いものというのは体を温めますので、カレーはお勧めです。しかも、うどんは消化に良いので、就寝時に消化が終わっていなくて寝苦しいということも少なくなります。

 

 

 

 

 

でも、バランスの良い食事は忘れないで・・・

ここまでいくつかの食品・レシピを紹介しましたが、ここで紹介したものだけたくさん食べていればいいかというと、そういうことはありません。

基本はあくまでもバランスの良い食事を取りながら、ここで紹介した食べ物を意識して多目に食べるなどしてくださいね。

 

スポンサーリンク

カテゴリトップ | 不眠症の人におすすめの食べ物、飲み物、成分
次のページ | 熟睡できない!?注意が必要な食べ物
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク