Home » 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう » 朝日を浴びるだけの簡単な不眠症対策!

朝日を浴びるだけの簡単な不眠症対策!

スポンサーリンク

朝日を浴びると、夜に睡眠物質『メラトニン』が分泌されて、不眠症が解消

不眠症対策不眠症を解消するために朝日を浴びると良い理由は、脳内の睡眠物質の分泌にも関係しています。

 

睡眠に関係している物質はたくさんあるのですが、なかでも睡眠にとって重要な役割を果たしているのが『メラトニン』という物質です。

 

 

 

このメラトニンがどのように分泌されるのかということですが、

 

トリプトファン⇒セロトニン⇒メラトニン

 

このように、朝食でトリプトファンという物質を食事から摂ると、それが日中セロトニンに変化し、セロトニンが夜にはメラトニンになり、眠気が訪れます。

 

 

 

・朝食でトリプトファンをちゃんと取れば快眠できる!?

『じゃあ朝トリプトファンが含まれている食品を食べればいいんだね』

確かにそうなのですが、それだけでは足りません。

 

トリプトファンがセロトニン、メラトニンと変化するには、朝日を浴びないといけないのです。

(なんか太陽の光ってすごいんですね^^;)

 

毎朝きちんと朝日を浴びれば、夜には正常にメラトニンが脳内に分泌されて、自然と眠くなるので、不眠症を解消できます。

 

 

 

不眠症を解消する朝日の浴び方

体内時計を調整する、メラトニンの分泌を正常にする、こうした理由から毎朝朝日を浴びることは、不眠症の解消につながります。

それでは、おすすめの朝日の浴び方を紹介します。

 

 

・毎朝ウォーキングか犬の散歩

朝日 睡眠5分や10分などの短い時間でもいいので、ウォーキングや犬の散歩に行ければ、不眠症の解消には非常に効果的です。

 

体内時計の調整やメラトニンの分泌を促すという理由だけでなく、体を動かすことで交感神経が働き始めます。それにより、血圧、脈拍、体温などが上がり、朝から活発に活動できるようになります。

 

 

 

朝の貴重な時間をウォーキングや犬の散歩に当てるのはなかなか大変かもしれませんが、不眠症を解消したい方はぜひ実践してみてください。

 

 

私の場合は、散歩はきついなあ、というときでも、外に出て1分くらいぼーっとしています。
これだけでも快眠のためには十分の光を浴びれますよ。

 

 

 

・朝起きたらカーテンを開ける

朝起きたらまずカーテンを開けて朝日を浴びましょう。

室内でも、窓の近くであればきちんと太陽の光は届いています。

 

 

ただし、窓から1,2メートル離れてしまうと、とたんに光の強さは弱まります。

弱い光だとメラトニンの分泌が正常にされないので、しっかりと窓の近くに行くようにすれば、不眠症の解消に効果的です。

 

 

 

・曇、雨の日でも太陽の光は届いている

曇や雨で太陽が隠れているときでも、太陽の光はきちんと地上まで届いています。

その光と強さは、体内時計の調整や、メラトニンの分泌には十分な強さです。

 

ですので、雨の日でも玄関前に出るようにすることをオススメします。

 

 

一番いけないのが、休日などに雨だからといって雨戸を閉めっぱなしにすることですね。

これでは睡眠のリズムが狂って、不眠症の原因になってしまいます。

 

 

 

 

以上、不眠症を解消するための、朝日の浴び方を紹介しました。

たったこれだけで不眠が解消できる可能性があるわけですから、快眠のためにもぜひ取り入れてみてください。

 

 

カテゴリトップ | 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう

スポンサーリンク

  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク