Home » 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう » 朝の眠気を吹きとばせ!寝起きにやってほしい3つのこと

朝の眠気を吹きとばせ!寝起きにやってほしい3つのこと

スポンサーリンク

朝起きてもなかなか頭がスッキリしなくて、寝ぼけ眼で会社や学校に向かう・・・

 

このような寝起きがスッキリしない人は、寝起きに3つのことをやってみてください。頭がしゃきっとすると、朝からやる気が出て良い1日が過ごせますよ。

 

 

 

 

寝起きにやるべきこと① 少しでも良いから外に出よう

太陽
 
まずやってほしいことは、朝日を浴びることです。網膜が太陽の光を感知すると、その情報は脳に伝わり、体内時計が調整されます。体内時計が調整されると、脳や体は活動するための準備が整うので、目が醒めてきますよ。

 

 

朝日を浴びるためには、できれば少しの時間で良いので外に出ると良いと思います。新聞を取りに行くくらいでも十分効果がありますし、玄関からでて伸びをするくらいでも大丈夫です。

 

外に出る気力がないときでも、カーテンを開けて窓から朝日を浴びるようにすると、体内時計を調整する効果がありますよ。

 

 

 

 

 

寝起きにやるべきこと② 水を飲もう

水
 
一晩のうちにコップ一杯の汗をかくと言われているくらい、就寝中にはかなりの量の汗をかいています。たとえ冬だとしても、就寝中の発汗量はとても多いのです。

 

そのため、寝起きは体内の水分が不足しています。軽い脱水症状をイメージしてもらえればわかると思いますが、体内の水分が不十分だと、かなり体調が悪くなってしまいます。

 

 

ですので、朝起きたらなるべく早いタイミングで水分を補給して、水分の不足を解消しましょう。私の場合、枕元に常に水のペットボトルを置いているので、起きてすぐに水を飲むようにしています。

 

 

 

 

 

寝起きにやるべきこと③ 糖分をとろう

バナナ
 
寝起きは体内の血糖値が低くなっているため、活動をするためのエネルギーが足りずに、頭がボーっとした状態になりがちです。特に、体質的に血糖値が低めな人の場合は、朝起きるのはとても辛いので、できるだけ早く糖分を補給することが大切です。

 

 

糖分を補給するためにおすすめなのは、バナナなどの手軽に食べられる果物を食べるか、ジュースを飲むことです。これらは体内への吸収が良いので、すぐに血糖値を高めて活動するためのエネルギーを補給することができますよ。

 

 

くれぐれも、朝起きて何も食べずに出かけるなんてことのないようにしましょうね。

 

 

 

 

 

ここでは、寝起きにボーっとした頭をシャキっとするための方法を3つ紹介しました。どれも簡単にできるので、なかなか目が醒めない人はぜひ試してみて下さい。

 

スポンサーリンク

前のページ | 熟睡したいなら、就寝前の1時間はこう過ごそう
カテゴリトップ | 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう
次のページ | 夜遅くに甘いモノを食べると眠れなくなる!?
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク