Home » 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう » 朝日を浴びると、不眠が解消できるわけ

朝日を浴びると、不眠が解消できるわけ

スポンサーリンク

快適な睡眠のために、朝日を味方につけよう

 

快適睡眠朝、目が覚めたらすぐに外に出て朝日を浴びると、とてもすがすがしい気分になりますよね。実は、そのような気分的なメリット以外にも、朝日を浴びることは、快適な睡眠をとる上で非常に重要な意味があります。

 

 

 

正しい方法で朝日を浴びるようにすれば、夜になると自然と眠くなって、快適な眠りにつけるような睡眠リズムが身につきます。

 

不眠症の改善の第一歩として、まずは手軽にできる『朝日を浴びる』ということから始めることがおすすめですよ。

 

 

 

 

朝日を浴びると、不眠を解消できる理由① 体内時計が調整される

体内時計の大切な役割

快適な睡眠人の体には、体内時計というものが備わっています。

 

この体内時計は、朝になると体温や血圧、脈拍などを上げて元気に活動できる状態にして、夜になると体温や血圧、脈拍を下げて体をリラックスさせ、快適な眠りにつきやすい状態にする役目を担っています。

 

 

しかしこの体内時計は、普通の電池式の時計や電波時計と違って、正確な時刻を刻むものではないので、毎日実際の時刻と体内の時刻が多少ずれてしまいます。

 

 

 

 

体内時計のネジを調整しているのが、太陽の光です

そこで、毎日体内時計の時刻の調整をしてあげる必要があるのですが、時計のネジを調整する役割を果たしているのが、光です。光が目の網膜に入ると、脳にある体内時計を調整している部屋に指令が届き、体内時計が調整されるという仕組みです。

 

 

 

そして、朝日を浴びることで体内時計が正確になると、毎晩同じくらいの時刻になると自然と眠気が訪れるので、快適な睡眠を得ることができるようになるわけです。

 

実際に不眠症で悩んでいる人の中には、この体内時計がずれてしまっている人が多いんですよ。毎朝朝日を浴びて、体内時計を調整することが、不眠症を解消するポイントの1つです。

 

 

 

 

 

朝日を浴びると、不眠を解消できる理由② メラトニンが分泌される

メラトニンと睡眠の深い関係

日光浴

また、朝日を浴びると不眠を解消できる理由として、メラトニンという睡眠物質も関係しています。

 

メラトニンは夜になると脳内に分泌されて、睡眠を促すホルモンなのですが、メラトニンが分泌されるには、朝日を浴びる必要があります。

 

 

 

おもしろいことに、朝日を浴びてから、だいたい15,16時間後にメラトニンが分泌されると言われています。ですので、例えば7時に起きて朝日を浴びれば、夜の10時、11時くらいからだんだんと眠気がやってきて、快眠することができるわけです。

 

 

 

 

朝日を浴びないと、メラトニンの分泌量が減少します

でも、もし朝日を浴びなければ、夜に分泌されるメラトニンの量が減ってしまいます。

そうすると、もう寝ないといけない時間なのに眠くならないということになり、不眠症の一因となってしまいます。

 

 

実際に不眠に悩む人の中には、メラトニンの分泌量が少ないケースもあるようです。ですので、毎朝しっかりと太陽の光を浴びると、メラトニンが正常に分泌されて、不眠が解消されやすくなるのですね。
 

 

続きます↓↓

 

次のページ | 不眠解消のためには、こうして朝日を浴びよう

 

スポンサーリンク

  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク