Home » 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう » 不眠に効果的な、熟睡できる食事のとり方

不眠に効果的な、熟睡できる食事のとり方

スポンサーリンク

不眠症の方で、もし朝ごはんを抜いている人がいれば、それは要注意です。

睡眠と食事はとても関係が深く、特に朝ごはんをしっかりと食べることは、目覚めの良さや、熟睡につながります。

 

時間がなくて朝ごはんを食べていない、朝は食べないことが習慣になっている・・・

このような方は、不眠を解消するために、ぜひ朝食はしっかりと食べるようにしてみてください。

 

 

 

快眠のために、朝食で食べたいもの

朝食ではトリプトファンを含むものを食べよう

トリプトファン
睡眠に関係が深い成分に、トリプトファンがあります。

 

朝食でトリプトファンを摂取すると、トリプトファンは夜にメラトニンに変化しますが、このメラトニンは睡眠にとって重要な物質です。メラトニンが分泌されると、人の体は眠るための準備を始めるようになっています。

 

つまり、朝食できちんとトリプトファンを摂取しないと、夜になってもメラトニンが十分に分泌されないので、眠れなくなることがあるわけです。

 

 

 

 

トリプトファンを多く含む食品としては、肉、魚、干物、納豆、乳製品、卵などがあります。

詳しくはコチラの記事に書いてあるので、どんな食事にしたら良いか、参考にしてみてください。

 

 

 

 

朝食では糖分をとりましょう

また、朝食では糖分もしっかりと摂ることが大切です。糖分をとらないと日中の活動のエネルギーが足りなくなることもあるのですが、糖分をとらないと、トリプトファンが脳に届きにくくなるのです。

 

ですので、朝食ではトリプトファンを多く含む食べ物だけでなく、糖分も一緒に取るようにしましょう。
和食派の人はご飯をたべれば大丈夫ですが、洋食派の人は砂糖入りのコーヒーや紅茶を飲むなど、工夫をすると良いですね。

 

 

 

 

朝食を食べないのは本当にNG!

朝食は食べない派の人もいますが、朝食でしっかりとトリプトファンを摂らないと、不眠症の原因にもなります。
睡眠の悩みがある方で、朝食を食べていない方は、ぜひ朝食をきちんと食べるようにしましょう。

 

 

 

 

 

夕食は消化に良い物を、早い時間に食べる

睡眠 食事仕事で帰りが遅くなるので、夕食を食べるのがいつも9時、10時という方。

夜遅くにお菓子などを食べるのが習慣になっている方。

 

こうした方は、遅い時間にご飯やお菓子を食べていることが、不眠を招いている可能性がありますので、注意が必要です。

 

 

 

お腹がいっぱいだと眠れません

よく、お腹がいっぱいになると眠くなると言いますよね。あれは本当で、リラックスできるホルモンが分泌されて、眠くなります。

 

 

じゃあリラックスして寝付けるからいいんじゃない??

と思われるかもしれませんが、消化が終わっていない時に眠ると、眠りが浅くなってしまうことがわかっています。
深い眠りに付けず、寝苦しい感じになってしまうんですね。

 

 

 

 

ですので、就寝の時には消化が完全に終わっているようにしましょう。

 

基本的に睡眠の3,4時間前に食事を終えて、その後は間食をしないようにします。

できれば脂肪が多いものとか、消化の悪いものは避けましょう。

(ちなみに、たこは消化に6時間もかかるそうです。驚きました^^;)

 

 

 

 

 

快眠できると言われている食べ物、飲み物~キャベツ、ホットミルク~

眠れる野菜:キャベツ

キャベツ
キャベツを食べると眠れる、という話は聞いたことがあるかもしれません。

 

キャベツはヨーロッパでは眠れる食品として知られているようで、キャベツに含まれているラクッシンとラクットリコピンという成分により、眠りやすくなると言われています。

 

 

私としては、キャベツはコンソメスープなどにして食べたほうが、体が温まっていいと思います。

睡眠前に体を温めることは快眠につながり、体を冷やすことは眠りの妨げになります。

 

 

 

 

眠れない夜はホットミルクもオススメです

また、眠れない時にはホットミルクを飲むと良いとも言われますね。

牛乳には自律神経を調整したりリラックスする作用があるようですので、夜にホットミルクを飲むのはいいと思います。

 

これも冷たい牛乳より、ホットミルクの方が体が温まっていいですね。

 

 

 

 

 

不眠症で悩んでいる方は、ぜひココで紹介した食事法を活用してみてください。

食事だけでも、かなり睡眠の質は変わりますよ。

 

スポンサーリンク

前のページ | 不眠改善には、カフェインを控えることが想像以上に効果的
カテゴリトップ | 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう
次のページ | 夜に強い光を浴びないことで、楽々安眠する方法
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク