Home » 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう » 睡眠の質を高めるために、運動をするのがベター

睡眠の質を高めるために、運動をするのがベター

スポンサーリンク

睡眠 運動睡眠の質を高めて、深い眠りを実現するには、適度な運動をするのがオススメです。運動をして体がつかれていると、寝付きがよくてぐっすりと熟睡できるのは誰しも経験がありますよね。

 

ですが一方で、運動をして体がすごく疲れているはずなのに、普段よりも寝付きが悪い時もあります。

 

 

 

 

質の高い睡眠をとるためには、どのような運動を、どの時間帯にするのか、ということが大切になってきます。

 

ここでは、快眠するための正しい運動に関する知識をご紹介します。不眠症でぐっすり眠れない方は、ぜひ実践してみてください。

 

 

 

 

運動をすると睡眠の質が高くなるのはなぜ?

運動 睡眠そもそもどうして運動をすると眠れるようになるのでしょうか。

 

人が眠くなるメカニズムの1つに、ホメオスタシス(恒常性維持機能)というものがあります。言葉は難しく感じるかもしれませんが、全然難しい話ではありません。

 

 

これは、人の体は常に平常の状態を保とうとする機能があるという話です。

 

血圧が上がったら下げようとする、心拍数が高くなったら低くしようとする、脳に栄養が足りなくなったら栄養を補給する・・・、こういうことが、体の中では自然と起こります。

 

 

 

 

疲れたら、体を回復させるために眠る

そして、すごく単純な話なのですが、『疲れたら眠って体を回復する』。

こういう機能があるので、運動をして体が疲れたら眠くなる、そのため、質の良い睡眠をとれるようになります。

 

 

他にも、運動をすると体温が上がるので、寝付きがよくなることや、運動により脳がリラックスできるので、睡眠の質が高くなって快眠できるということも考えられます。

 

 

 

 

 

質の良い睡眠のための運動の方法

運動する時間帯はいつがいいの?

運動
運動をする時間は、仕事がある人の場合、朝か夜になると思います。

 

朝にウォーキングやランキングをする場合、太陽の光を浴びられるというメリットがあります。太陽の光を浴びると、体内時計が調整されたり、メラトニンという睡眠物質が分泌されやすくなるので、睡眠にとって良い効果が期待できます。

 

 

 

一方、夜に運動をする場合には、就寝前に体温を上げられるというメリットがあります。就寝前に体温を上げておくと、就寝時に体温が下がりやすくなるので、より快眠しやすくなります。

 

 

 

このように、朝の運動も夜の運動も、どちらもメリットがあります。ですので、運動する時間は特にこだわらなくて大丈夫です。

 

 

 

 

※ただし、夜遅くに激しい運動はタブー

ただし、遅い時間に呼吸が大きく乱れるような激しい運動をするのはよくありません。
激しい運動をすると、体が落ち着いてリラックスできるまでに時間がかかり、いざ寝ようと思ってもなかなかリラックスできなくて、寝付けなくなりがちです。

 

例としては、夜9時以降にジムでトレーニングをしたり、家で筋トレをしたりするのはやめておきましょう。

 

 

 

 

 

ここでは睡眠の質を高めるために、運動をすると効果的であることを説明しました。とはいえ、毎日運動をするというのは、なかなか時間がとれなくて難しいかもしれません。

 

ですが、運動をする習慣がほとんどないという方は、週に2,3日などでもいいので、運動の習慣を取り入れると、睡眠の質が高まると思います。

 

不眠の悩みがある方は、試してみてください。

 

スポンサーリンク

前のページ | 夜に体温を上げて快眠!睡眠と体温の深い関係とは・・・
カテゴリトップ | 生活習慣から不眠を改善!熟睡できる習慣を身につけよう
次のページ | 深い睡眠をとりたいなら、アルコール・寝酒はほどほどに
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク