Home » 寝室環境を整えて快眠する » 遮光カーテンを使わないことはおすすめの快眠法の一つ

遮光カーテンを使わないことはおすすめの快眠法の一つ

スポンサーリンク

遮光カーテンカーテンを遮光カーテンにする人は多いと思います。

その理由の多くが、朝に太陽の光が部屋に入らないほうが、ぐっすりと眠れるからではないでしょうか。

 

 

ですが、実は朝に光が自然と入ってきたほうが、朝はスッキリと起きられます。そして、毎朝しっかりと太陽の光を浴びることで、睡眠リズムが整うので、夜にぐっすりと熟睡できるようになります。

 

ですので、不眠症の方は、遮光カーテンを使わないことが、おすすめの快眠法の1つです。

 

 

 

 

 

遮光カーテンじゃないと、朝日がまぶしくないの??

カーテン
 
窓の方角や大きさにもよると思いますが、遮光カーテンを使わないと朝早くに太陽の光が部屋に入り込んで、自然と目が覚めてしまう場合があると思います。

本当は朝日で自然と目がさめるのが理想的なのですが、朝5時くらいに起きて睡眠不足になっても仕方ないですよね^^;

 

 

 

 

カーテンを少し開けるという快眠テクニック

そこで、遮光カーテンじゃないと朝日が眩しいという方は、寝るときにカーテンを少し開けるというのもいい方法です。遮光カーテンの場合、たいていは2枚セットになっていて、遮光カーテンの後ろにレースのカーテンをつけるようになっています。

 

 

ですので、レースのカーテンは閉めておいて、遮光カーテンを少し開けておくようにします。

まぶしすぎないくらいに、ほどよく太陽の光が入り込むくらいに調整できると、朝スッキリと目覚められますし、夜も熟睡できるようになるはずです。

 

 

 

 

 

短めのカーテンを使う快眠法

また、あえて短めのカーテンを買うという快眠法もあります。

実は、私の寝室についているカーテンは、少し高さが足りていません。これはあえてそうしたのではなく、買ったら高さが足りなかったというだけです(笑)。

 

 

ですが、そのおかげで、隙間から少しだけ朝日が入り込んできます。毎朝自然と朝日を浴びれているので、これが目覚めの良さにつながっているかもしれません。

結果オーライですね。

 

 

 

 

 

このように、遮光カーテンを使わなかったり、カーテンを少し開けて太陽の光が入り込むようにすることが、不眠症の方にはおすすめの快眠法です。

毎晩同じ時間に寝付けて、翌朝疲れがなく熟睡感を味わいたい、そんな方はここで紹介した快眠方法を試してみてください。

 

スポンサーリンク

前のページ | 快適な睡眠環境のための、エアコン、扇風機の使い方
カテゴリトップ | 寝室環境を整えて快眠する
次のページ | 快眠のための寝室環境~熟睡できる温度や湿度は?~
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク