Home » 寝室環境を整えて快眠する » 熟睡したければ、寝室にはこれを置くな!

熟睡したければ、寝室にはこれを置くな!

スポンサーリンク

不眠の悩みを持っている人の中には、寝室に眠りを妨げる要因がある場合があります。

ここでは、熟睡したいなら寝室には置かないほうが良い物を紹介します。『これ、置いてるんだけど・・・』と当てはまるものがある方は、ぜひ寝室から移動させることをお勧めします。

 

 

 

寝室に置いてはいけないもの① パソコン

パソコン

 

寝室にパソコンがある方は、寝る前にツイッターやフェイスブックをしたり、ネットサーフィンをすることが多いと思います。ですが、パソコンの発する光は脳を覚醒するので、眠れない原因となってしまうのです。

 

ですので、パソコンは寝室に置かないこと、寝室に置くしかない場合にも、就寝前の1~2時間はパソコンをしない習慣をつけると熟睡しやすくなりますよ。

 

 

 

 

 

寝室に置いてはいけないもの② スマートフォン

ほとんどの人は、枕元にスマートフォンや携帯電話を置いて眠ると思います。ですが、枕元にスマホがあると、寝る前は夜中に起きた時に、ネットでいろいろと遊んでしまうものですよね。

 

スマートフォンもパソコンと同様、脳を覚醒させる光を発しています。ですので、寝る前のスマホもなるべく控えたほうがいいですよ。

 

 

私のオススメは、寝室にスマートフォンを持ち込まないことです。スマホのアラームを使っている方も多いとは思いますが、目覚まし時計を用意して、スマホは別の部屋においておきましょう。

 

 

 

 

 

寝室に置いてはいけないもの③ テレビ

テレビ
 
テレビを見ることも、パソコンやスマートフォンと同様に、脳を覚醒させる光によって不眠の原因になります。ですので、できれば寝室にはテレビを置かないようにしたほうがいいですね。

 

ただし、テレビの場合はパソコンやスマートフォンと違って、画面との距離があるので、睡眠への悪影響はそれほど大きくはありません。とはいえ、就寝前はテレビを見ないほうが良いことは確かなので、可能ならテレビは寝室にないほうが良いですね。

 

 

 

 

 

寝室に置いてはいけないもの④ 目覚まし時計

これは、眠れない時や夜中に目が覚めた時に、時間を気にしてしまう人限定です。

時間を気にして、『早く寝ないと・・・』と焦って、余計眠れなくなることがあります。そんな方は、初めから寝室に時計を置かないほうが良いと思います。

 

時間がわからないと不安かもしれませんが、実際は就寝中に時間を気にする必要はほとんどありません。目覚ましは寝室の外に置いておけば、朝はきちんと起きられるはずです。

 

 

 

 

 

じゃあ、何なら置いていいの??

ここまで、寝室に置いていけないものを紹介しました。
じゃあ、寝室に置いていいものは何なのでしょう。

 

基本的に、寝室は眠るだけの部屋にすることが理想的なので、何も置かないくらいの気持ちでオッケーです(笑)。

 

何か置くのであれば、自分がリラックスできるものがいいですね。好きなぬいぐるみ、フィギュア、本なども良いですし、気持ちが落ち着くものだけ置いておきましょう。

 

スポンサーリンク

前のページ | 快眠のための寝室環境~熟睡できる温度や湿度は?~
カテゴリトップ |寝室環境を整えて快眠する
次のページ | 快眠できる枕の選び方~安眠のために枕選びは超重要~
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク