Home » 寝室環境を整えて快眠する » 快眠のための寝室環境~熟睡できる温度や湿度は?~

快眠のための寝室環境~熟睡できる温度や湿度は?~

スポンサーリンク

快眠するための寝室環境を整えるために、ベッドや布団、枕などの寝具や照明などのアイテム選びはとても大切です。ですが、より簡単にできることとして、室内の温度や湿度に気を使うだけでも、快眠の助けになります。

 

 

ここでは、快眠するための室温や湿度の調整方法について紹介します。

夏と冬では快適な室温は異なるので、夏と冬に分けて、快適な温度調整方法を説明しています。

 

 

 

 

快眠しやすい温度や湿度はどのくらい?

快眠 室温布団の中の温度や部屋の温度、湿度が少し変わるだけで、睡眠の質は大きく変わります。

 

 

ある調査では、室温が快適な睡眠をとれる温度から5度程度上がるか下がるかするだけで、深い睡眠の量が20%も減少するとされています。

 

さらに、中途覚醒が5倍に増えてしまったり、浅い睡眠の量が増えるなど、熟睡をとることが難しくなることがわかっています。

 

 

 

 

布団の中が33度だと快眠できる!

では、快眠しやすい温度や湿度はどのくらいなのでしょうか。

一般的に言われていることとして、布団の中の温度が33度くらい、湿度が50%くらいというのが快眠できる布団の中の環境になります。

 

 

ですが、布団の中の温度や湿度というのはわかりづらいですし、調整も難しくなります。

そこで、部屋の室温や湿度を目安に考えたほうがわかりやすくなります。

 

 

 

 

快眠できる室温とは!?

快眠しやすい室温は、夏は25~27度くらい、冬は14度~20度くらいです。

また、快適な部屋の湿度は、50%~60%と言われています。

 

ですので、快眠しやすい部屋の環境を作るためには、エアコンや加湿器などを調整して、このくらいの温度・湿度を目指しましょう。

 

 

 

 

 

夏に快眠するための温度調整のコツ

暑い

 

夏に快眠するために最適な室温は25~27度くらいです。

これより高い室温にしてしまうと、体からなかなか熱が放熱されずに、体温が下がりにくくなります。

 

質の高い睡眠をとるためには、体温が下がる必要がありますので、室温はあまり高くしすぎずに、25~27度あたりに調整しましょう。

 

 

 

クーラーをつけっぱなしにして眠ると、熟睡できなくなる

では、夏は寝るときに、クーラーを25~27度に設定して眠るのが良いのでしょうか。

実は、クーラーをつけっぱなしで眠ると体が冷えすぎてしまい、熟睡を妨げてしまう可能性もあります。

 

ですので、クーラーは眠る前からつけ始めて、室温を快適な温度に保っておきましょう。そして、タイマー設定をして、1~2時間くらいで切れるようにしておくと、快眠しやすくなりますよ。

 

 

 

 

夏はちょっとしたアイテムを使って快眠できる

また、夏にはエアコンだけでなく、様々なアイテムを使って体を冷やすと、快眠に効果的です。

例えば、濡らしたタオルを凍らせて、頭を冷やすとか、市販の冷感シートを使って頭や足を冷やすということが考えられます。

 

濡れタオルや冷感シートなどは、効果が少ししか持続しないですが、それがスムーズな入眠を促してくれるので、却って好都合です。

 

 

ただし、扇風機を体に当てたまま寝ると、体に良くない上に、体温が下がらずに熟睡しにくくなるので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

次のページでは、冬に快眠するための温度調整のコツを紹介します。

 

 

続きます↓↓

 

次のページ | 冬に快眠するための室温や温度調整のコツ!

 

スポンサーリンク

  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク