Home » 様々な睡眠中の問題について知ろう » 脚がむずむずして眠れない~むずむず脚症候群~

脚がむずむずして眠れない~むずむず脚症候群~

スポンサーリンク

脚がむずむずして眠れない、夜中に目が醒めてしまう・・・

実はこのような症状にはきちんと病名がついており、それが『むずむず脚症候群』です。

 

 

 

むずむず脚症候群が知られるようになったのは最近のこと

むずむず脚症候群

むずむず脚症候群が国内で認知され始めたのは割りと最近のことで、まだこの症状のことを知らない人が多くいます。

 

ですので、自分では気づいていないだけで、実際にはむずむず脚症候群にかかっていて、不眠になっているという方もかなり多いと思われます。

 

ここでは、そんなむずむず脚症候群について説明します。

 

 

 

 

 

むずむず脚症候群ってどんな病気?

むずむず脚症候群は、特に寝ようとして横になると症状が悪化します。症状としては、脚や膝が痒くなったり、痛みを感じたりします。ひどい場合は、脚を針で刺したような痛みがあったり、耐えられないほどの脚のむずむず感が生じます。

 

 

 

むずむず脚症候群の患者さんはどのくらいいるの?

むずむず脚
 

このむずむむ脚症候群は、日本では3~4%の人が発症していると言われています。

これだけでもかなり多い病気だとわかりますが、実はこのむずむむ脚症候群が知られるようになったのは最近で、病院に行ってもむずむず脚だということに気づいてもらえないケースもあるようです。

 

 

実は、私の母もむずむず脚症候群と診断されました、母の場合、何年も前から脚に違和感があったのですが、きちんとむずむず脚症候群と診断されたのは最近でした。

 

このように、自分では気づいていないけれど、実はむずむず脚症候群だという人はもっと多いのではないかと言われています。

 

 

 

 

むずむず脚症候群になりやすいのはこんな人

妊婦さんむずむず脚症候群は、男性よりも女性の方が多く発症することがわかっており、特に生理中や妊娠中はむずむず脚症候群になりやすくなります。

 

妊娠中には、5人に1人はむずむず脚症候群にかかるので、それがストレスになることも多いです。これは、生理中や妊娠中は鉄分が不足しやすくなりますが、むずむず脚症候群の原因の1つが鉄分不足だと考えられているからだと思われます。

 

 

また、むずむず脚症候群は40歳以降に発症する場合が多くなります。特に、更年期の女性は発症率が高まるので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

むずむず脚症候群だと、こんなに大変なことに・・・

むずむず脚症候群の症状がひどくなると、脚の違和感からかなり睡眠を妨げられることになります。寝付くまでに時間がかかり、夜中に何度も目が醒め、熟睡感を感じにくくなります。

 

そして、それが長い期間続くと、激しいストレスにより、うつ病になる人も多いようです。

 

 

 

 

むずむず脚症候群は周りに理解されにくい・・・

さらに、むずむず脚症候群がまだあまり知られていないため、周囲に理解されにくいということもストレスに拍車をかけています。

医者に行ってもむずむず脚症候群だと気づいてもらえないこともあり、原因がわからないことに対する苛立ちや不安により、精神的に追い詰められることもあり、とても怖い病気です。

 

 

 

 

次のページでは、むずむず脚症候群の原因や改善方法を紹介します。

 

 

続きます↓

 

次のページ | むずむず脚症候群はこうやって克服しよう

 

スポンサーリンク

  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク