Home » 様々な睡眠中の問題について知ろう » むずむず脚症候群はこうやって克服しよう

むずむず脚症候群はこうやって克服しよう

スポンサーリンク

脚に強い不快感が出て、不眠症の原因となるむずむず脚症候群。

ここでは、むずむず脚症候群の原因や対策を紹介します。睡眠中の脚の違和感が気になる人は参考にして下さい。

 

 

 

むずむず脚症候群の原因は、実はよくわかっていない!?

国内に500万人ほどの患者さんがいるとも言われているむずむず脚症候群ですが、実ははっきりとした原因はわかっていないようです。

ですが、おそらくこれは関係しているであろうということはあるので、それらを紹介します。

 

 

 

鉄分の不足

むずむず脚症候群体内の鉄分濃度が高くなると、むずむず脚症候群の症状が軽くなることがわかっており、むずむず脚症候群の原因の一つに鉄分不足があるのではないかと言われています。

 

また、むずむず脚症候群は生理中や妊娠中など、鉄分が不足しがちなときに発症しやすいことも鉄分とむずむず脚症候群の関係を表しています。

 

 

 

遺伝

むずむず脚症候群は遺伝することがわかっており、親がむずむず脚症候群の場合、約50%の確率で子供に遺伝すると言われています。ですので、あなたがむずむず脚症候群の場合、お子さんが将来むずむず脚症候群を発症する可能性があることを知っておくと良いですね。

 

 

 

様々な病気

むずむず脚症候群と関連していると考えられている病気はたくさんあります。

 

例えば、パーキンソン病、糖尿病、心不全、腎不全などが挙げられています。また、抗うつ薬や抗ヒスタミン薬(アレルギーの薬や、睡眠薬に使われています)などの薬によって、むずむず脚症候群が引き起こされるケースもあります。

 

 

 

アルコールとカフェイン

アルコールやカフェインがむずむず脚症候群と関係しており、症状を悪化させることがあると言われています。

 

 

 

 

 

むずむず脚症候群はこうやって改善しよう

むずむず脚症候群の改善法

 

脚のマッサージを行う

症状が軽い場合ですが、睡眠前に脚のマッサージやストレッチをすると症状が和らやすくなります。

また、お風呂で脚を温めたり、温湿布や冷湿布を貼ることも、効果が見られるケースがあります。

 

 

 

運動量を増やす

むずむず脚症候群は脳内のドーパミンの分泌に異常があると言われています。運動をすることで、ドーパミンの分泌を助ける物質が分泌されるので、運動によって症状が和らぐことがあります。

 

ウォーキングなどを日課にできると良いですね。

 

 

 

鉄分を摂取する

むずむず脚症候群の原因の1つに鉄分不足が考えられているため、鉄分を摂取することも効果が期待できます。

サプリで摂取したり、レバーなど鉄分の多い食品を積極的に食べてみましょう。

 

 

 

不眠症を改善する

ぐっすりと眠れるようになることで、脚が気になって途中で目が醒めてしまう回数が減ることもあります。熟睡のために、できることは試してみましょう。

 

 

 

専門医に診てもらおう

最近では減ってきているとは思いますが、むずむず脚症候群は見逃されることが多い病気でした。ですので、できればむずむず脚症候群の診断が可能な専門医がいる病院を見つけられると理想的です。

 

病院では、ドーパミン薬や睡眠薬などが処方されることがあります。

 

 

 

 

 

以上、むずむず脚症候群の原因と対策を紹介しました。

むずむず脚症候群はひどくなると精神的に追い詰められやすい病気なので、早めに治療を開始しましょう。

 

スポンサーリンク

前のページ | 悪いことだけじゃない!?睡眠中の歯ぎしりの秘密
カテゴリトップ | 様々な睡眠中の問題について知ろう
次のページ | 睡眠中に脚が勝手に動く~周期性四肢運動障害~
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク