Home » 睡眠薬の種類~特徴を掴み、賢く利用しよう~ » 不眠治療の可能性を広げる、メラトニン受容体作用型の睡眠薬

不眠治療の可能性を広げる、メラトニン受容体作用型の睡眠薬

スポンサーリンク

メラトニン受容体作用型の睡眠薬

一般名(商品名) 半減期 副作用 特徴
ラメルテオン
(ロゼレム)
1~2時間 ほとんどないと言われているが、日中の眠気、めまい、うつ病の危険性が増大するとの報告もあり ・副作用、リバウンドがほとんど起こらない
・効果が穏やかなので、軽度の不眠症に向いている
・睡眠リズムを調整する働きがある
・比較的新しい睡眠薬なので、臨床研究の結果が多くはない

 

 

武田薬品工業によって開発され、2010年より国内での販売が開始されたラメルテオン(商品名:ロゼレム)は、世界初のメラトニン受容体作用型の睡眠薬です。このメラトニン受容体作動薬は、これまでの睡眠薬とは作用機構が異なるため、新たな不眠治療の可能性を秘めた睡眠薬になります。

 

ここでは、メラトニン受容体作動薬の特徴について説明します。

 

 

 

 

新しいタイプの睡眠薬が誕生!

メラトニン受容体作用型の睡眠薬
 
現在主流の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、いずれも脳内のGABA受容体というところに作用して、睡眠を促す作用があります。

 

一方、新しいタイプのメラトニン受容体作動薬は、GABA受容体ではなく、メラトニン受容体に作用することで催眠効果を発揮します。そのため、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に特徴的であった副作用が生じないことや、概日リズムを調整する作用があるなど、不眠治療の幅を広げることが期待されています。

 

 

 

 

 

メラトニン受容体作用型の睡眠薬大きな特徴:概日リズムの調整

メラトニン受容体作用型の睡眠薬の最も大きな特徴は、概日リズムを調整する作用があることです。

 

 

生活リズムを整える時計遺伝子

時計遺伝子
 
人の体内には時計遺伝子というものが備わっていて、この時計遺伝子の働きによって、1日の生活リズムが作られます。例えば、夜になると副交感神経が優位になり、心身がリラックスし、体温が下がり、眠気が訪れるのも、この時計遺伝子が正常に働いているからです。

 

しかし、生活リズム不規則だったり、何らかの事情で時計遺伝子が狂ってしまうと、体内時計がうまく働かなくなってしまいます。その結果、夜遅くにならないと眠れず、朝はなかなか起きられないといった睡眠相後退症候群などの睡眠障害が生じる場合があるのです。

 

 

 

 

メラトニン受容体作用型の睡眠薬が、体内時計を調整

メラトニン受容体作用型の睡眠薬がもつ概日リズムの調整作用とは、この乱れた体内時計を調整する作用です。実験ではメラトニン受容体作用型の睡眠薬を服用することで、体内時計の位相が80分程度前進したという結果が出ています。

 

また、時差ボケ症状の解消にも、メラトニン受容体作用型の睡眠薬が効果を発揮することが期待されています。

 

 

このように、体内時計の乱れを調整する作用があることが、メラトニン受容体作用型の睡眠薬の大きな特徴です。

 

 

 

 

 

メラトニン受容体作用型の睡眠薬は、入眠障害にも効果を発揮します

猫
 
メラトニン受容体作用型の睡眠薬は、概日リズム調整作用が特徴的ですが、他の睡眠薬のような催眠作用ももちろんもっています。催眠効果はそれほど強くないので、軽度の不眠症や、短期的な不眠症の方に用いられることがあります。

 

また、半減期が1~2時間と短いので、中途覚醒などの悩みにはあまり効果が期待出来ません。

 

 

 

 

 

他の睡眠薬で生じるような副作用がないことが特徴

また、メラトニン受容体作用型の睡眠薬は、他の睡眠薬とは作用機構が異なるため、他の睡眠薬で起こることが多かった副作用が起こりにくくなっています。例えば、筋弛緩作用や記憶障害、持ち越し効果、リバウンドなどの心配はほとんどないとされています。

 

そのため、他の睡眠薬を使うことが難しい、睡眠時無呼吸症候群の方や、他の睡眠薬や精神安定剤などと併用することも可能だとされています。

 

 

 

 

 

メラトニン受容体作用型の睡眠薬にも弱点がある!

睡眠薬
 
そんなメラトニン受容体作用型の睡眠薬ですが、万能ではありません。ここではいくつかの弱点を紹介します。

 

 

副作用が起こることもある

メラトニン受容体作用型の睡眠薬は筋弛緩作用や記憶障害などの副作用が起こりにくいとされていますが、一部では、めまいが起こることがあること、うつ病のリスクが増大するとの報告があるようです。

 

 

 

臨床データが少ない

メラトニン受容体作用型の睡眠薬は新しいタイプの睡眠薬なので、臨床データが十分ではありません。そのため、長期的に服用した場合の影響が定かでないことは、リスクの一つです。

 

 

 

効果が比較的弱い

メラトニン受容体作用型の睡眠薬は効果が強いタイプではありません。ですので、メラトニン受容体作用型の睡眠薬を服用しても、不眠が改善されない場合もあります。

 

 

 

 

 

以上、メラトニン受容体作用型の睡眠薬に特徴について説明しました。メラトニン受容体作用型の睡眠薬は万全ではないものの、新しいタイプの睡眠薬ということで、不眠治療の幅を広げることが期待出来ます。

 

ただし、使用実績が多くない睡眠薬であるため、服用に関しては医師の指示を守り、慎重に服用するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

前のページ | 副作用を抑えた非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬
カテゴリトップ | 睡眠薬の種類~特徴を掴み、賢く利用しよう~
次のページ | 睡眠薬の悪いイメージの元凶に~バルビツール酸系睡眠薬~
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク