Home » ちょっとした快眠方法・安眠テクニック » 朝の寝起きを良くする自己覚醒法の訓練方法

朝の寝起きを良くする自己覚醒法の訓練方法

スポンサーリンク

起床したい時間に、目覚ましなしで目を覚ます『自己覚醒法』。

これは、実は訓練次第で多くの人が身につけることができる方法です。

 

ここでは、自己覚醒法をマスターして、スッキリとした寝起きを手に入れるための方法を紹介します。

 

 

 

 

自己覚醒法は、起きたい時間を強く意識するだけでオッケー!

自己覚醒法自己覚醒法のやり方はとても簡単です。それは、寝る前に起床したい時刻を強く意識するだけで良いのです。

 

 

寝ている間も、脳は体内時計によって時刻を知ることができています。

 

ですので、就寝前に起きたい時刻を意識するだけで、その時刻が近づくと体を目覚めさせるホルモンを分泌させることで、目覚めやすくなります。

 

 

 

 

起きたい時刻を『強く』意識すること

ここでのポイントは、目を覚ましたい時刻を『強く』意識することです。

枕に向かって、『明日は7時に起きます』と呟いてみてもいいですし、頭の中で念じるのもいいですね。

 

最初から上手くいくかはわかりませんが、まずは起きたい時間を強く意識することをやってみましょう。

 

 

 

 

 

自己覚醒法は、起きたい理由が強いほうが成功しやすい

自己覚醒自己覚醒法は、起きる目的が強いほうが成功しやすくなります。

 

 

『特に理由はないけど、明日は6時に起きたいな』

 

というよりも、

 

『明日はディズニーランドに行くから、6時に必ず起きる!』

 

という場合のほうが、自己覚醒法は成功しやすいということですね。

 

 

 

 

成功した時のご褒美を用意しよう

ですが、毎朝毎朝、強い目的があって目を覚ます訳ではありません。

そこで、初めのうちは何らかのご褒美を自分にあげましょう。

 

例えば、起きたい時刻に目覚ましなしで起きられたら、ランチはいつもより豪華にするというのはいいですね。また、起きたい時刻に自然と起きられなかったら罰金というように、自分にプレッシャーを与えるのもありです。

 

 

自分なりの朝起きる目的を考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

自己覚醒法は、習慣化したほうが成功しやすくなる

おじいさん

 

当然のことですが、初めから自己覚醒法がうまくいくわけではありません。

初めのうちは数回に1回成功すれば良しとして、徐々に精度を高めることを目指しましょう。

 

 

実際に、自己覚醒法は若い人よりも、高齢の人のほうが得意だと言われています。

この原因の1つに、高齢者の方が自己覚醒を習慣化できているからだと思われます。

 

ですので、時間をかけて習慣化していくことで、起床したい時刻に、スッキリと目を醒ますことができるようになります。
 

 

 

 

自己覚醒法にこだわり過ぎないことも大切です。

最後に、自己覚醒法にこだわり過ぎるのもあまり良くないことです。

自己覚醒法は寝起きを良くするには最適ですが、自己覚醒できないことにプレッシャーを感じてしまうと、寝付きが悪くなることもあります。

 

 

実際に、自己覚醒を意識して眠る場合は、通常の場合と比べて、寝付きがやや悪くなるという実験結果もあります。ですので、ゲーム感覚で楽しみながら活用するのがオススメです。

 

 

 

 

 

ここでは朝の寝起きを良くして、日中の眠気も抑えられる、自己覚醒法の訓練方法を紹介しました。

誰にでもできる技なので、ぜひ気軽な気持ちで試してみて下さい。

 

スポンサーリンク

前のページ | 目覚まし時計と条件反射を使った起床方法
カテゴリトップ | ちょっとした快眠方法・安眠テクニック
次のページ | 眠れないときには、頭と首を冷やしてみよう
  • 私の愛用しているサプリ

    私が熟睡できるきっかけとなったサプリです。

    詳細はこちら
  • おすすめのコンテンツ

  • 不眠症の改善方法

  • おすすめの快眠グッズ

  • 寝具を変えよう

  • 不眠症の症状と原因

  • 年齢・季節・男女別の睡眠

  • 睡眠薬

  • 様々な睡眠障害を克服しよう

  • 病院での治療

  • プロフィール

  • リンク